×
横浜市小4女児いじめ

横浜いじめ教諭中尾武彦は「異常な溺愛を受けて育った上級国民」小4女児いじめ・文春

横浜市小4女児いじめ

文春オンラインで、横浜市のM小学校でN教諭により小4女児がいじめにより適応障害を発症し学校に行くことができなくなったという事実が取りあげられました。M小学校、N教諭、また山本美咲さんが相談していた児童支援の教師について実名を特定し深堀りしました。

横浜いじめ教師は「万騎が原小学校の中尾武彦教諭」

文春オンラインに報じられた小4女児が横浜市の教師によってイジメにあい適応障害を発症してしまったという事実。小4女児に対してプリントを配らない、給食を少量しか与えない等様々な恐怖を与えていた「横浜市M小学校のN先生」。

ネットではすぐに掲示板を中心このM小学校とN先生が特定されました。

横浜いじめN先生実名

正解
万騎が原小学校 中尾武彦

旭区の万騎が原小です
万騎が原小学校の中尾武彦教諭です
横浜市旭区万騎が原小学校の中尾武彦教諭です
実際に文春オンラインで、いじめ被害者の山本美咲さん(仮名=当時9歳)の中尾武彦教諭にいじめられたエピソードの一つとして、「6年生を送る会」で希望した役割をやらせてもらえなかったということが書かれていました。

いじめは、行事の準備の際にも起きた。年度末に行われる「6年生を送る会」の準備では、6年生に花束を作る、模造紙に送る言葉を書いて飾りつけをするなどの作業があり、N教諭は希望者を教室の前に集めた。美咲さんも手を挙げて作業に参加することを希望したが、美咲さんだけ割り当てられなかった。

この時、美咲さんは勇気を出してその理由を聞こうとしたが、N教諭は「コピーを取って来ます」と言ってさっさと教室を出て行ったという。6年生を送る会が行われた3月17日、美咲さんは泣き出して学校へ行くことができなかった。引用:文春オンライン

文春オンラインに書かれていたのは、M小学校こと横浜市旭区の万騎が原小で「6年生を送る会」が行われたのは「3月17日」という事実です。

万騎が原小学校のホームページを確認してみると「令和2年度 卒業式・6年生を送る会」に関するブログ記事がありました。

yokohama ijime kagaisya nakaotakehiko

卒業式が3月19日、そしてその二日前の3月17日に「6年生を送る会」をしていたという事実があり日付・行事の名前が一致していました。

横浜いじめ加害者中尾武彦教諭の経歴「戸部小時代に逮捕」

横浜の小4女子をいじめた小学校教諭の中尾武彦ですが、ネットで調べたところ同姓同名で2012年に暴力で逮捕されている教師がいることがわかりました。

nakaogakehiko Msyougakkou

名前と年代、職業が一致するため、今回山本美咲さんのいじめ加害者の中尾武彦教諭のことではないかと調査したところ、やはりyahooコメントのタレコミでも同一人物であることがわかりました。

中尾武彦教諭 小学校
ちなみにこの方は過去に暴力事件での逮捕歴もあったと、保護者会にて山本さんのお父さまから伺っております。
逮捕歴がある方を、2カ月の停職のみで済ませてしまう横浜市教育委員会には疑問を感じます。
また、中尾武彦教諭の経歴について「横浜市立学校 人事異動名簿」をたどって整理したところ、今回山本美咲さん(仮名=当時9歳)のいじめをした中尾武彦教諭には暴力事件で逮捕された際に報道された「戸部小学校」の勤務歴があることも判明しました。
万騎が原小 横浜 いじめ
【中尾武彦教諭経歴】
  • ~2012.3  鶴ヶ峯小学校
  • 2012.4~2016.3 戸部小学校 ※2017年7月に暴行で現行犯逮捕
  • 2016.4~2020.3 飯田北いちょう小学校
  • 2020.4~万騎が原小学校

戸部小学校時代に逮捕された当時から「嫌われ者だった」という中尾武彦教諭のタレコミも発見しました。

横浜いじめ 万騎が原小 nakaotakehiko keireki

戸部小学校の生徒です。
中尾は、学校ですごく生徒に嫌われてるwww
こいつ現赴任先県内小学校で生徒をいじめて保護者説明会開かれてた。クズだよ。
小学校4年生の少女をイジメ続けるような教師ですので、嫌われていたと聞いてもなんら違和感は覚えないのですが、むしろ気になるのが、「逮捕」までされた中尾武彦先生がその後も平然と横浜市の公立小学校で働き続けることができたということです。

中尾武彦小学校教師「異常な溺愛を受けて育った上級国民」

戸部小学校時代に暴力事件で逮捕されながらもその後も小学校教師として勤務を続け、ついに万騎が原小では山本美咲さんを適応障害まで追い込んだ中尾武彦教諭。

yokohamaijime kagaisya jitumei

逮捕されたのに戸部小でシレッと勤務していたんだ
何かバックがあるのか、あるわな

yokohama nakao takehiko sensei

逮捕歴あってなんで復職できちゃうんだろうね?
もしかしてお偉いさんの息子とかなのかな。

確かに、暴力事件で逮捕された教師が小学校教育に携わるということに保護者から反発の声が多数あったことは安易に想像できます。

しかし、そのN先生こと中尾武彦教諭を保護者の批判から守り、そのまま逃がすことをした横浜市教育委員会。横浜市教育委員会がそこまでして中尾武彦教諭をかばった背景には、中尾武彦教諭の両親がお金なり権力を持ち合わせていたからではないでしょうか。

ところで、小4女児をいじめたN先生・中尾武彦教諭とオーバーラップしてしまうという声がネットで多数みられたのが、栗原勇一郎です。

栗原勇一郎みたいな感じがする
中尾武彦教諭 顔画像

栗原勇一郎は小4の娘である栗原心愛(みあ)ちゃんを虐待死させた犯人です。栗原心愛(みあ)ちゃんは小学校で「お父さんに暴力を受けています。夜中に起こされたり起きているときに蹴られたり叩かれたりしています。先生どうにかできませんか。」というアンケートを提出し、助けを求めていたのにも関わらず命を落としてしまいました。

栗原勇一郎が小4女子の心愛ちゃんにしていた虐待の内容はこちらです。

・十分な食事と睡眠を与えない

・長時間、廊下に立たせる

・暴行して骨折させる

・冷水シャワー(冬場)

・年越しそばを美味しそうに食べないと言いがかりをつけ、風呂場に立たせる

・泣き叫ぶ姿や排泄物を持つ姿を動画撮影

・倒れる寸前までスクワット

・髪を引っ張るなど

まさに、食事を与えない、廊下に立たせるなどは山本美咲さんに中尾武彦教諭が行ったことと同様です。

栗原勇一郎の生い立ちは、父親は元JALの航空整備士、母親・凪子さんは元CA。栗原勇一郎が職を転々とすることを咎めるでもなく資金援助をするなど溺愛していたといいます。

「沖縄に気分転換に行きたいと言っていたが、仕事もやめていたので引っ越し費用と生活費を貸し、月に15万円から20万円援助していました。総額は2000万円くらいだと思います」(裁判での母の証言)引用:《野田市小4虐待死》母親・妹・妻の証言で明らかになった「鬼父」悪魔の素顔

月に15~20万も資金援助できるなんて非常に上級国民だった栗原勇一郎。

中尾武彦教諭も暴力しても、いじめてもいつも自分を守って味方してくれるお金持ちの両親のもとで育ち、すこし気に入らないことがあると「誰かのせいだ」と思うような思考回路ができあがった人物だったのでしょう。

M小(万騎が原小)の児童支援教師実名特定「H先生」

M小こと万騎が原小の中尾武彦教諭以外に、いじめの加害者としてあがっているのが児童支援の教師です。

 現在の小学校には、担任を持たずに児童のケアに専念する児童支援専任の教諭がいる。児童支援の教諭の職には、ベテランの教諭が就くという。美咲さんの母親も、何かあれば児童支援の教諭に相談していた。

2月末、ある配布物が渡されなかったことを聞いた母親が相談すると、児童支援の教諭は「N先生に伝えておきます」と言った。N教諭にどのように伝わったのかは不明だが、数日後、N教諭は美咲さんに向かって「あなたは、もらったかもらっていないかも分からないのですか?」とクラスの皆の前で叱責。後日、その配布物は、児童支援の教諭を通じて母親に渡された。

3月4日、漢字テストの直しが提出されていないとして美咲さんだけ理科と社会のテストを受けることができなかった。この日以降、美咲さんはN教諭への恐怖心から教室に入ることもできなくなったが、母親が相談した時、児童支援の教諭は聞き入るばかりだった。

その後、提出したはずの漢字テストの直しを児童支援の教諭が探すことになり、何回か両親とやり取りしたが、説明には矛盾があった。母親が学校への連絡帳に、話の矛盾点なども書いて改めて説明を求めると、児童支援の教諭は一言も書くことなく、ただ印鑑を押しただけで返却して来たという。

3月半ば、児童支援の教諭は、N教諭のいじめが原因で美咲さんが保健室登校になっていたにも関わらず、学年末を理由に「N先生に感謝の手紙を一緒に書こう」と言い出した。

「校長にも相談して面談もしましたが、児童支援の教諭も校長も、“こんなことは大したことじゃない”という態度のように見えました。児童支援の教諭には一度、『何が問題なのですか?』と言われたこともあります」(父親)引用:文春オンライン

文春オンラインでは、山本美咲さんの両親が繰り返し児童支援の教諭にN先生のことを相談したのにもかかわらず、「何が問題なのですか?」と開き直った態度をとっていたことも明らかになっています。

万騎が原小のホームページの学校だよりをくまなく調査してみると、「児童支援専任」という肩書の教師がいることが発覚しました。

yokohamajidousien kyouyu

本来は、いじめ、不登校などの学校全体の課題を担当する児童支援専任教諭のはずが、N先生と一緒になって山本美咲さんを追い詰めていたとは由々しき事態です。

yokohama ijime jidoukyouyu sennsei

みゆきち BLOG

コメント