話題の事件

田中大飛(ひろと)君父親が悲惨!「不倫妻への復讐」子供3人殺害・鹿児島飛び降り事件

福岡県飯塚市の花瀬団地で9歳(小学校3先生)の田中大翔(ひろと)君が遺体で見つかり、その後兄弟の2歳と3歳の兄弟が鹿児島市の桜島シーサイドホテルで遺体で見つかりました。父親の40代男性は発見時に桜島シーサイドホテルの4階から飛び降り意識不明の重体という悲惨な事件が起きました。

現在、報道で明らかになっている事実をまず整理しながら「子供3人殺害・鹿児島飛び降り事件」について深堀りしていきます。

田中大翔くん死因の病気はこちら

田中大翔(ひろと)君と父親の関係

まずは、最初に発見され報道により名前が特定された田中大翔(ひろと)君と父親の関係に着目しました。

田中大飛(ひろと)君遺体の発見場所は飯塚市「花瀬団地」

最初に遺体で見つかった田中大飛(ひろと)君。小学校3年生の遺体現場は「飯塚市の公営団地」という風に報道されたことからすぐに場所が確定されました。

場所は飯塚市の「花瀬団地」という場所です。Twitter上では花瀬団地の付近住民の方のツイートが複数あり、個別に連絡を取り取材協力を得ることができました。

まず、花瀬団地と聞いて、多く聞かれたのが「生活に裕福ではなかった」ということです。

花瀬団地の間取りは、3LDKであるのに家賃は2万円台。そんな好条件の物件は普通はありません。しかし、花瀬団地は公営団地であるため、入居には一定の条件が必要です。

これは飯塚市の公営団地の収入に関する入居条件です。

田中大翔(ひろと)君の父親は40代。40代の父親の月収が158000円というのは一般的には低富裕層に該当します。

お金がない中で、元妻と離婚するまでは田中大飛(ひろと)君を含む子供3人と、妻と自分を養っていた田中大翔(ひろと)君の父親。

決して裕福ではない生活ではありませんでした。末っ子は2歳でおむつ代もまだまだかかる中、家族5人の生活のために田中大翔(ひろと)君の父親は、朝から晩まで汗水たらし家族のために精を出してきました。

元妻と離婚後は、ダブルインカムからシングルインカムになりさらに貧困化。生活保護申請中だったという報道がありました。

田中大翔くん死因の病気はこちら

田中ひろと君は父親の養子

田中ひろと君やその兄弟・父親・元妻が住みだしたのは4-5年前という話でした。報道でもありましたが、田中大飛(ひろと)君は父親の実の子ではなく、元妻の連れ子です。(養子縁組をして戸籍上は実の父親にあたります)

当時年長さんで物事が分かるようになってきた田中大翔(ひろと)君は、父親にはすぐにはなつきませんでした。私の周りにも同じくらいの年齢で再婚した友人がいますが、当然だと思います。

急に現れ生活を共にする大人に心を許せるくらい4-5歳の子供は子供ではないのです。

ちなみに田中大翔くんの顔画像はこちらです。

しかし、もともと面倒見の良い田中大翔(ひろと)君の父親は、田中大飛(ひろと)君とも少しずつ打ち解けていっていたようです。

【家族を知る人】
「子供3人いつも一緒で、子供だけ家に残していたとかあんまりなくて、(父親が)ほとんど車に乗せて連れ回していた」
「男でよく子供の面倒を見ているなって印象しかない」引用:yahooニュース

報道でも田中大翔(ひろと)君は父親を知る人も、父親に対して良い印象を持っています。

田中大翔くん死因の病気はこちら

田中大翔(ひろと)君に対する父親の暴力

田中大翔(ひろと)君と父親の関係は周囲からは良好に見えていましたが、実際は暴力をふるうことがあり、警察や児童相談所の介入があったことが明らかになっています。

死亡した大翔君が過去、父親から軽微な暴行を受け、警察が把握していたこともわかりました。引用:yahooニュース

元妻と父親の間にできた実の子供と、連れ子に同じ愛情を注ぐことは難しかったのでしょう。今までシングルマザーだったため、特にママにべったりだった田中大翔(ひろと)君。急に兄弟にママを取られたと思い、赤ちゃん返りして手を焼くようになり、イライラしてしまったようです。

一度手をあげて黙らせると、父親の感覚は麻痺していきます。また手をあげればいうことをきく、そうやってエスカレートしていきました。

子供3人のうち、田中大翔(ひろと)君の遺体だけが、一人寂しく花瀬団地で見つかりました。

田中大翔(ひろと)君の父親「不倫妻への復讐」

田中大翔(ひろと)君の父親の行為には疑問に思う点があると思います。なぜ、親権を父親が持っていたのか、なぜ鹿児島の桜島シーサイドホテルに2歳・3歳の兄弟と一緒にいたのかということです。

田中大翔くん死因の病気はこちら

田中大翔(ひろと)君父親「母親に不倫されていた」

日本は親権については絶対的母親有利です。父親が親権が持つ場合は大きく分けて二つ、1つ目は父親に著しく経済力がある場合。2つ目は離婚原因が母親にある場合。それ以外にも母親側に育児をすることが不可能であるという理由があれば、父親親権になります。

田中大翔(ひろと)君の父親が住んでいたのは「花瀬団地」で低富裕層であることがわかっていますので、1つ目の理由はまず除外できるでしょう。

そして、母親側に育児をすることが不可能であるということも、現に田中大翔(ひろと)君を育ててきていますし、それまでに児童相談所の介入があり保護されたケースなどでなければ育児能力がないとは判断されません。

残る1つは母親の不貞行為です。

 

田中大翔(ひろと)君の母親は、元旦那と別れた後も、数年で低所得者である田中大翔(ひろと)君の父親と恋愛関係ののち結婚しているということを見れば、恋愛体質であることは間違いはなく納得できます。

田中大翔くん死因の病気はこちら

田中大翔(ひろと)君父親「不倫妻を追って鹿児島へ」

田中大翔(ひろと)君の父親は一度宮崎でレンタカーを借りて逃亡しています。自分の車だとすぐに足がつくと思ったのか、それとも自分の車が元妻と不倫相手との情事の場所だったため憎たらしかったのか、その両方だったのか。

 

田中大翔(ひろと)君の父親の車には練炭が積まれており、当初は宮崎で練炭自殺をしようと思っていたようです。

宮崎という場所は元妻との思い出の場所だったのかもしれません。しかし、実際には思いとどまり、鹿児島まで車を走らせています。

元妻は自分の子供3人を置いて男に走ったような女性ですから、男と駆け落ちして鹿児島にいったのでしょう。

わざわざ鹿児島で最期をとげようと思ったのは元妻へのあてつけ・憎悪以外考えられません。

子供3人を置いて愛する妻に逃げられ、コロナ渦もあいまって貧困でボロボロだった田中大翔(ひろと)君の父親。限界だったそのすり減った精神状態は完全にうつ状態だったことが伺えます。

田中大翔くん死因の病気はこちら

コメント