三浦咲子

三浦咲子の高校は「八戸理容美容専門学校」嫌われ者ブスが整形美人に転身(十和田)

三浦咲子

青森県十和田市で内縁のDV夫和田恭平(わだきょうへい)を殺害した容疑で逮捕された三浦咲子(みうらさきこ)容疑者の出身高校を特定しました。三浦咲子容疑者の出身高校時代のエピソードについても調査しました。

三浦咲子と和田恭平なりそめ

三浦咲子インスタ裏垢特定

三浦咲子の前夫特定「エリート医師」

三浦咲子出身高校はどこ?

三浦咲子容疑者の出身高校はどこなのでしょうか。別記事で三浦咲子容疑者のフェイスブックが三浦咲子容疑者の経営するエステサロン「りらくさろん華」であることを紹介しました。

三浦咲子容疑者の出身高校を特定するために、三浦咲子容疑者のフェイスブックの情報を確認しましたが、エステサロンの集客用に使っていたということもあり、出身高校の在学情報はフェイスブックのプロフィールに登録されていませんでした。

三浦咲子容疑者の出身高校はどこなのか、地元掲示板を調査しましたが有用な情報はありませんでした。しかし、三浦咲子容疑者の高校時代の出身の友人であれば三浦咲子容疑者のフェイスブックでつながりがあるということは当然考えられます。

そこで、三浦咲子容疑者のフェイスブックに「いいね」や「コメント」をした人物で三浦咲子容疑者の出身高校につながる手掛かりがないかを徹底的に調査しました。

というのも、通常、フェイスブック上で在学していた出身高校をプロフィールに登録していなくても、自然と在学していた出身高校の友人が多くなり簡単に高校を特定できるケースがほとんどだからです。

三浦咲子容疑者とフェイスブック上でかかわりがあった人物で出身高校の在学情報をフェイスブックのプロフィールに入力していたのは7名いました。この7名の方の高校を一つ一つ見ていきます。

三浦咲子と和田恭平なりそめ

三浦咲子インスタ裏垢特定

三浦咲子の前夫特定「エリート医師」

三浦咲子出身高校候補①「青森県八戸西高校」

三浦咲子の出身高校候補としてあがったのが「青森県八戸西高校」です。

青森県八戸西高校は、偏差値が52-59で青森県内でも上位の進学高です。三浦咲子容疑者が青森県八戸西高校に進学していれば、間違いなく大学に進学していたはずです。

しかし、三浦咲子容疑者はフェイスブックを7年前に始めており、その時21歳で、すでにりらくさろん華を開業していることを考えるとさすがに大学に進学していたという事実は合致しませんので、八戸西高校は除外できます。

三浦咲子と和田恭平なりそめ

三浦咲子インスタ裏垢特定

三浦咲子の前夫特定「エリート医師」

三浦咲子出身高校候補②「青森県三本木農業高等学校」

三浦咲子の高校候補としてあがったのが「青森県三本木農業高等学校」です。

実は、この青森県立三本木農業高校は出身の友人は2人いました。複数人いるということは、三浦咲子容疑者の高校の同級生である可能性が否定できないと思い、それぞれのアカウントを調査しましたが、二人とも自営業を営んでいるようでした。おそらく農業学校を卒業するくらいですから、農家なのでしょう。

青森県立三本木農業高校の偏差値や進学先についても調べましたが、さすがに進学する生徒はいないようで、進学実績は0。三浦咲子容疑者は高校卒業後ほどなくしてエステサロン経営に乗り出していることをみると、農業高校の卒業というのは腑に落ちません。

三浦咲子と和田恭平なりそめ

三浦咲子インスタ裏垢特定

三浦咲子の前夫特定「エリート医師」

三浦咲子出身高校候補③「光星学院高等学校」

三浦咲子の高校候補としてあがったのが「光星学院高等学校」です。

こちらの高校は八戸の高校ですが、私立高校で公立高校に比べると学費が高いという特徴がありました。別記事でも紹介しましたが、三浦咲子容疑者は金銭的に苦境を強いられ、労働基準法を違反してでも出勤していました。

さすがに実家がお金持ちであれば、そこまで産後のきつい体に鞭をうって労働するわけありません。また、おばあちゃんを尊敬する人と語っていることからも、三浦咲子容疑者の母親にも離婚歴があり、シングルマザーで、おばあちゃん子だったことが容易に想像できます。

今でこそシングルマザーの過程には手厚い子供手当が支給されていますが、以前は現在ほど優遇されていなかったので、三浦咲子容疑者がお金のかかる私立高校を受験したことは考えにくいです。

三浦咲子と和田恭平なりそめ

三浦咲子インスタ裏垢特定

三浦咲子の前夫特定「エリート医師」

三浦咲子出身高校候補④「野辺地高等学校」

三浦咲子の出身高校候補としてあがったのが「野辺地高等学校」です。

友人の一人が在学していた野辺地高等学校。青森県立の偏差値40の底辺高校です。確かにここなら三浦咲子容疑者の出身高校としてもおかしくないかもしれません。候補と言えます。

三浦咲子と和田恭平なりそめ

三浦咲子インスタ裏垢特定

三浦咲子の前夫特定「エリート医師」

三浦咲子出身高校候補⑤「野辺地西高等学校」

三浦咲子の出身高校候補としてあがったのが「野辺地西高等学校」です。

先ほどあげた野辺地高等学校と名前が酷似していますが、こちらは私立の高校。さきほど述べたように金銭面・家庭の問題から三浦咲子容疑者が通っていたことはないでしょう。

三浦咲子と和田恭平なりそめ

三浦咲子インスタ裏垢特定

三浦咲子の前夫特定「エリート医師」

三浦咲子出身高校候補⑥「八戸理容美容専門学校」

三浦咲子の出身高校候補としてあがったのが「八戸理容美容専門学校」です。

三浦咲子容疑者が20代に入ってすぐにエステサロンを経営しているところからみるに、八戸理容美容専門学校という進路は普通高校にいっていたよりもしっくりきます。

しかも、三浦咲子容疑者はこのFacebookアカウントの友人と仲良くやり取りをしていることも確認できました。

三浦咲子容疑者がフェイスブックでコメントしているのは4年前。比較的最近コメントしていることからも三浦咲子容疑者とこのフェイスブックアカウントの持ち主のつながりが古くないことを意味します。

しかも、このFacebookアカウントの人物も三浦咲子容疑者のようにエステサロンを経営しており、アイラッシュやネイルをしています。三浦咲子容疑者と同じ高校出身だと考えていいのではないでしょうか。

三浦咲子と和田恭平なりそめ

三浦咲子インスタ裏垢特定

三浦咲子の前夫特定「エリート医師」

追記)4/7三浦咲子送検【概要】

凶器は「パン切り包丁」幸せそうだった家族
FNNプライムオンライン

時に、SNS上でヒット曲を熱唱する姿を公開し、時に、幼い子を抱き、子育てを語っていた三浦咲子容疑者、27歳。

【画像】三浦容疑者がSNSに投稿していた写真

三浦咲子の送検に関してめざまし8でも放送され、三浦咲子の美しい美貌が話題になりました。

3月30日、青森県十和田市で、内縁の夫・和田恭平さん(30)を殺害した疑いで逮捕されました。

夫は首を刺されていて、凶器とみられているのは、長さ30センチの「パン切り包丁」です。

事件が起きるわずか5日前に投稿された動画には仲睦まじい母と子の姿が映されていました。夫婦の間に何が起きていたのでしょうか?めざまし8は三浦容疑者の母親を取材。事件の背景を迫いました。

近隣住民に話を聞くと、三浦容疑者は亡くなった和田さん、そして子供達とともに楽しそうに草むしりをしている姿が目撃されていました。それは事件の2日前のこと。三浦容疑者は和田さんと4人の子どもと6人暮らしだったといいます。

SNSにはこんな投稿が…

「べびたんは家族の癒やしでありいつも笑顔にしてくれる大切な存在いつもありがとう」

子どもたちとの幸せそうな姿を見せていた三浦容疑者。家族の様子は近所の人の目にもとまっていました。

近所の人:
感じの良い夫婦でした この辺で雪遊び、そりをひっぱったり子供さんたち元気に遊んでいました。お父さんはそこで雪かきしたり…

三浦容疑者を知る人:
子供とかと一緒にいろんな行事とかを(SNSに)投稿していて、本当に楽しそうで、まさかこんな感じになると誰もが絶対思ってないことだと思う

「子育て」と「エステ経営」SNSでママから支持
三浦容疑者は子育てだけではなく、力を入れていたものがありました。

三浦容疑者の友人:
エステを経営していて子供のためにも旦那さんのためにも一生懸命、本当にやっていました

家族のためにもとエステサロンの経営に励み、お客さんを集めるためか、子どもを抱えながらスクワットする姿などをSNSで公開。子育てママから支持を得ていたといいます。

公私ともに順風満帆だったように見える三浦容疑者。しかし取材を進めると、2人の間に亀裂が生じていたことも分かりました。

三浦容疑者の友人:
ストレートにものを言いすぎるのでカチンとされたり。(2人は)一度疎遠になって…

三浦容疑者と和田さんは過去に2回ほど酒を飲んでケンカになり、ケガをするなどして警察沙汰になったこともあったといいます。その時は、本人たちが望まなかったため事件化されることはありませんでした。今回の事件が起きた日も、2人はお酒を飲んでいたことがわかっています。引用:FNNプライムオンライン

三浦咲子「高校時代は嫌われ者のブスだった」

三浦咲子容疑者のフェイスブックには高校時代や中学時代などに同じ属性をもつ友人の数が極端に少なかったです。簡単に言えば友人が少なかったことに間違いはありません。

高校時代の友人が極端に少なかった理由は、三浦咲子がブスでいじめられていたからなのではないでしょうか。

You Tuberのひなちゃんも高校時代に「ネガティブブス」といじめられ、一念発起し韓国に2泊3日の整形旅行にいったことを明かしていました。

三浦咲子がフェイスブックであまりにも自分の美貌をアピールしすぎている点や、別記事にあげたように内面の美しさに言及する三浦咲子の言動からは過去のトラウマが見え隠れします。

実際に美容専門学校に進学したのもなんとかして綺麗になり見返したかったという思いがあったのでしょう。劇的な変身をとげた三浦咲子に誰も気づくことがなく、フェイスブックの友人が少なかったのかもしれません。

三浦咲子と和田恭平なりそめ

三浦咲子インスタ裏垢特定

三浦咲子の前夫特定「エリート医師」

追記)三浦咲子高校時代の友人曝露「彼氏を寝取られた」

三浦咲子の高校時代の記事を掲載していたところ、三浦咲子の地元で高校時代の友人の方より情報提供を頂いたことは別記事でも紹介しました。

今回その方より三浦咲子の高校時代についても情報をリークして頂けたので、掲載させて頂きます。

三浦咲子の高校は「八戸理容美容専門学校」と調査しておりましたが、結果的には候補に挙げた高校はいずれも該当せず、学区内の普通高校にいっていたようです。(情報提供者の個人情報特定を避けるるためにあえて掲載は控えさせていただきます。)

三浦咲子と高校自体の同級生でもある友人Aさん。三浦咲子は高校の時からやはりその美貌を強調するような女子高生だったといいます。

三浦咲子は確かに高校の時から綺麗でしたね。インスタとかFacebookにあがっている三浦咲子の顔画像そのままです。でも、正直女子からは嫌われてました。だって、あんな色気むんむんみたいな画像あげる内面の女性ですからね。同姓受け悪いのは誰でも納得できますよね。

当時から三浦咲子は〇欲モンスターそのもの。高校のスカート丈はいつも誰よりも短いし、体操服とかはわざとタイトで胸を強調するように着るんですよね。香水はプンプンするしわざとうなじを出すようなポニーテールとかもしてくる。でも、男子ってそういう女にひっかかりますよね。

1番腹がたったのが、私の親友の彼氏を寝取った事。付き合ってるの知っていながら、近づいて関係をもっていました。あるときその彼氏がホームルームで咲子のことを「三浦さん」じゃなくて「咲子」って呼んだことで二人の関係が発覚したんですけどね。刑務所入っても、こんどは刑務官襲うんじゃないですか。

三浦咲子は当時から美意識は高いものの、あてつけがましい外見アピールに周りはあきあきしていたようですね。三浦咲子は嫌われ者だったのは、当サイトに寄せられるリークの多さですぐに分かりました。

綺麗だけど、同姓には誰もまともな友達がいない。異性しか自分を相手にしてくれないということがもう高校時代より分かっていた三浦咲子。彼氏を寝取っていたことも、和田恭平や元旦那との恋愛遍歴を考えれば容易に想像つきます。

三浦咲子の前夫特定「エリート医師」

みゆきち BLOG

コメント

  1. 出身高校は候補外の高校です。
    整形はしていません。

    元旦那と離婚前から不倫ばかりしていました。

    内縁の夫とは元旦那と離婚前から不倫していました。