話題の事件

高井聖(たかいさとる)さんの大学は「大阪体育大学」神戸市ひき逃げ事件被害者

話題の事件

神戸市ひき逃げ事件の被害者である高井聖(たかいさとる)さんの大学や部活について調査しました。

犯人池田康弘が経営するラウンジはこちら

高井聖さんの大学は大阪体育大学

高井聖(たかいさとる)さんについてツイッターやFacebookなどを調査したところ、1件だけ同姓同名で22歳に合致するの方がいました。

報道では高井聖さんの画像は公開されていませんので、画像を引用することは控えますが、高井聖さんのものとみられるTwitterには、神戸に在住しており大阪と行き来していることが書かれています。

さらに、大学は大阪体育大学に所属している内容もあり、高井聖さんの大学は大阪体育大学とみています。

「大阪体育大学」の画像検索結果

大阪体育大学のホームページには、高井聖さんの名前が確かにありました。ハンドボール部に所属していました。

大阪体育大学といえば、関西圏では有数のハンドボール強豪校です。高井聖さんが大阪体育大学のハンドボール部でどんなプレーヤーだったのか深堀します。

犯人池田康弘が経営するラウンジはこちら

高井聖さんハンドボールの名プレーヤー

高井聖さんは、大阪体育大学のハンドボール部で右サイドをしているプレーヤーでした。

神戸で轢き逃げされた高井聖さんは、調べると高校は神戸国際大附属高校にいっており、その際もハンドボールで優秀な成績を残しており、大阪体育大学に進学しています。

Facebookのプロフィール画面にもハンドボールをしている姿の写真があり、熱心に取り組んでいたことがわかります。ツイッターやフェイスブックのフォローワーもハンドボールをしている仲間が多数いました。

犯人池田康弘が経営するラウンジはこちら

高井聖さん「時間ある限り全力を」

高井聖さんの好きな言葉・座右の銘に、「時間ある限り全力を」というのが記されていました。まさに、時間のある限りハンドボールに全身全霊を注ぎ、名門大学に入学し汗を流していた高井聖さん。

まさか、急に車でひき逃げされ死亡するとは思っていなかったでしょう。前日までツイッターには、他愛もないツイートがありました。

犯人池田康弘が経営するラウンジはこちら

「神戸市男子大学生ひき逃げ事件」概要

17日早朝、神戸市中央区の路上で男子大学生が倒れているのが見つかり、その後死亡した。警察はひき逃げ事件とみて捜査している。

現場は、神戸市中央区の繁華街にある幅3.7mほどの道路。警察によると、午前5時ごろ、神戸市に住む大学生の高井聖さん(22)が、倒れているのを直前に一緒に過ごしていた友人が発見し、消防に通報した。

高井さんは出血していたほか、友人に「車にひかれた」と話し、病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。引用:yahooニュース

犯人池田康弘が経営するラウンジはこちら

追記)高井聖さん「友人の声」紹介

こちらに高井聖さんのことを掲載していたため、友人から貴重な話を聞くことができました。高井聖さんを弔う意味でも一部紹介させていただきます。

高井聖さんが亡くなった際、「車にひかれた」と連絡したのは友人でした。車にひかれ、のちに死亡していることからみても、かなりの窮地であったことは間違いありません。

そういう状況で通常なら両親や兄弟など家族を頼る方が多い中、高井聖さんが選んだのは友人。

日ごろから交友関係を大切にし、深い信頼関係を構築していた高井聖さんだからこそできたことです。

名門大阪体育大学のハンドボール部にまで進学するほどの実力の持ち主です。短い人生のうち半数以上がハンドボールへの情熱でした。

ハンドボールはもちろんチームプレイ。強くなるには単に個人のテクニックが高いだけでは限界があります。

仲間を信頼し、仲間を気遣うということが当たり前にできていた高井聖さん。

聖は、とにかくハンドボールに一生懸命練習に打ち込んでいました。もちろん、聖自身はかなり上手だったのですが、あいつのいいところはそれをひけらかすようなことをせず、とにかくチームのみんなのことを考えていたことだと思います。
ノリもよく、正直者で、楽しい奴で、ハンドボール関係の仲間はたくさんいました。僕と同じように彼の死を受け入れられない奴らがたくさんいると思います。心からの冥福をお祈り申し上げます。

ある時突然、飲酒運転のラウンジ経営者池田康弘の運転する車にひかれ、短い生涯を閉じてしまった高井聖さん。天国でも仲間を見守りながらも、大好きなハンドボールを必ずやしていることでしょう。

コメント