5歳児飢餓事件

赤堀恵美子の夫は「静岡出身の宗教家」Facebook特定!福岡5歳児飢餓事件

5歳児飢餓事件

福岡県篠栗町の赤堀恵美子(あかほりえみこ)容疑者と碇利恵(いかりりえ)容疑者が逮捕されました。赤堀恵美子容疑者と碇利恵容疑者は、碇利恵容疑者の息子(三男)で、当時5歳児だった翔士郎(しょうじろう)くんが衰弱死した事件の共犯者です。

親が子供を虐待し、衰弱死させたという事件は残念ながら、耳にすることがありますが、親(碇利恵容疑者)とその友人(赤堀恵美子容疑者)が逮捕されるという事件は前代未聞で異質性を感じずにはいれません。

赤堀恵美子容疑者と碇利恵容疑者の関係は、もともとは篠栗町立勢門幼稚園のママ友でしたが、次第に赤堀恵美子容疑者が碇利恵容疑者を支配するという構図になり、当時5歳の翔士郎君が衰弱死した際には、碇利恵容疑者は赤堀恵美子容疑者の指示に従っていたことが分かっています。

赤堀恵美子容疑者とはいったい何者なのでしょうか?赤堀恵美子容疑者、そして赤堀恵美子の夫について調査しました。

赤堀恵美子・碇利恵ツイッター特定!

大野智の文春女の顔画像入手!

赤堀恵美子容疑者の夫は静岡県出身

赤堀恵美子容疑者(48)や赤堀恵美子の夫の生い立ちや家族構成などを調査するためにまずは、Facebookを検索しました。赤堀恵美子の夫の名前は公開されていませんので、赤堀恵美子容疑者の名前で検索しました。

赤堀恵美子(あかほりえみこ)の名前でFacebookを検索すると、6件のFacebookがヒットしました。

Facebookで6件しかヒットいないとなると「赤堀恵美子」という名前が非常に珍しいことを意味します。この中から赤堀恵美子容疑者本人のものがないか1件1件調査していきます。

残念ながら、赤堀恵美子本人と特定できるFacebookはありませんでした。

しかし、赤堀恵美子容疑者の夫の生い立ちや人柄を知る上で有用な情報を得ることができました。

先ほど申し上げた通り赤堀恵美子の「赤堀」という名字自体が非常に珍しい苗字です。特に九州ではあまり聞かない苗字です。

赤堀恵美子のフェイスブックを特定する過程で、「赤堀」について検索していくと、静岡県に多い名前であることが分かりました。先ほど示した、赤堀恵美子のFacebookも全て静岡県出身。そして、その友人達も「赤堀」という名字が多いこと、多いこと。

赤堀恵美子容疑者は夫である赤堀家に嫁いでいるはずですから、赤堀恵美子の夫が静岡県出身で間違いないでしょう。

赤堀恵美子・碇利恵ツイッター特定!

大野智の文春女の顔画像入手!

赤堀恵美子の夫は静岡の宗教家

赤堀恵美子の夫ですが、静岡出身であるにも関わらず、住んでいたのは福岡県糟屋郡篠栗町(ささぐりまち)です。

福岡県は都会というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、福岡県糟屋郡篠栗町は周りが田んぼばかりの山手にあるド田舎です。

篠栗町 - Wikipediaホーム/篠栗町

そんなド田舎の福岡県糟屋郡篠栗町にどうして静岡出身の赤堀恵美子の夫がわざわざ引っ越してきたのか。何しろ、篠栗町は農業がさかんな町ですので、県外から来た赤堀恵美子の夫が働くような「会社」はないのです。

赤堀恵美子の夫が赤堀恵美子とわざわざ福岡のド田舎篠栗町に来た理由は他でもない「宗教の布教活動だったことがわかりました。

地元の掲示板では、赤堀恵美子の夫と赤堀恵美子に関する書き込みでやはり宗教がらみであったことを匂わせる書き込みがありました。

少なくとも報道では赤堀恵美子容疑者は無職であることがわかっています。無職であるというのに、あれだけ立派な体格を維持できるというとやはり、それなりの収入がないと難しいはずです。

akahoriemiko

福岡県糟屋郡篠栗町、失礼ながら田舎で第一次産業がメインの地域。正直、世帯主である夫の収入だけでは難しく夫婦共働きのところが多いのが現実です。

そんな中、赤堀恵美子容疑者は働いていなかったということは、高収入だった赤堀恵美子容疑者の夫。本来なら、それだけの至福の富を得るためには、赤堀恵美子容疑者の夫は開業医か弁護士か会社経営でもしていないと無理なのではないでしょうか。

しかし、赤堀恵美子容疑者の夫は開業医でも弁護士でも会社経営でもなく、宗教家でした。そもそも福岡の篠栗町に開業医や弁護士、会社経営者など外車を乗り回すようなそんなVIPが住んでいれば浮いてしまいます。

赤堀恵美子容疑者の夫がしていたという宗教ですが、これについても目星はつきました。静岡に本部をかまえ、全国に足をひろげつつある「教団」。

ホームページには「神様と出会った体験談」や「教祖様のおつげ」など明らかに怪しい投稿がびっしり。さすがに会員ページを見ることはできませんでしたが、会員ページにはもっとやばい情報がのっているに違いありません。

赤堀恵美子・碇利恵ツイッター特定!

大野智の文春女の顔画像入手!

赤堀恵美子旦那・妻を洗脳「監視してる」

赤堀恵美子容疑者は、碇利恵(いかりりえ)容疑者のことを「家にカメラを設置し監視している」と告げていたことが報道でわかりました。

 5歳の男児に十分な食事を与えず餓死させたとして、福岡県警は2日、同県篠栗(ささぐり)町の母親・碇(いかり)利恵(39)、知人の赤堀恵美子(48)の両容疑者を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。県警によると、碇容疑者は容疑を認め、赤堀容疑者は「一切やっていない」と否認しているという。

発表では、両容疑者は共謀し、2019年8月頃から碇容疑者の三男・翔士郎ちゃんに食事を与えないなどし、遅くとも20年3月下旬頃には重度の低栄養状態だったのに放置して、同4月18日、碇容疑者の自宅マンションで餓死させた疑い。

捜査関係者によると、翔士郎ちゃんの体重は平均の半分の10キロ前後だった。翔士郎ちゃんが息をしていないことに碇容疑者が気づき、赤堀容疑者らが消防に通報して発覚した。

両容疑者は16年4月、幼稚園の「ママ友」として知り合った。その後、碇容疑者は離婚し、シングルマザーとして翔士郎ちゃんを含む子ども3人を育てていた。

赤堀容疑者は、碇容疑者に対し、家の中に監視カメラを設置し、共通の知人が見張っているなどと信じこませ、「監視してるから(子どもに)食べさせ過ぎてはいけない」などと言っていたという。

碇容疑者は生活保護などで月20万円前後の収入があったとみられるが、貯金も含め赤堀容疑者に1000万円超を渡していたとみられる。引用:yahooニュース

赤堀恵美子容疑者は碇理恵容疑者を監視していましたが、赤堀恵美子容疑者自身は赤堀恵美子容疑者の旦那に監視されていたのではないでしょうか。

赤堀恵美子容疑者の夫が金ズルである碇利恵容疑者からのお金のことを把握していなかったことは考えられません。

赤堀恵美子容疑者の夫は、赤堀恵美子容疑者に対して「碇利恵からもっと金を搾取しろ」と訴え、資金源にしていたのでしょう。

赤堀恵美子・碇利恵ツイッター特定!

大野智の文春女の顔画像入手!

追記)赤堀恵美子容疑者の家族(夫・娘・息子)の4人家族

赤堀恵美子容疑者の夫以外の家族に関する情報も得ることができました。当初報道で流れていた赤堀恵美子容疑者が子供と映る画像ですが、モザイク越しでも髪が肩まであるのが分かり、娘がいるのは間違いないだろうという話でした。

akahoriemiko-kodomo

碇利恵容疑者の家族構成は、碇利恵容疑者と男の子3人。

碇利恵容疑者と赤堀恵美子容疑者は篠栗町立勢門幼稚園のママ友でしたが、翔士郎(しょうじろう)くんは5歳児で年長さん。年長さんともなれば、男の子と女の子の遊びが明らかに変わってきますので、男の子は男の子同士、女の子は女の子同士で遊びます。

そのため、赤堀えみこ容疑者と碇りえ容疑者が親密になるには、やはり子供同士が仲良しであることが絶対条件です。

そう考えると、赤堀恵美子容疑者にも息子がいると考えた方が自然です。

そして、そうすると、写真の娘と男の子がいたのではないかと予測していました。そして、子供は2人なのかということですが、赤堀恵美子容疑者は外見で分かるほどの医学的にカテゴライズすると「超肥満」にあたりますので、正直出産は医師の許可がないと難しいです。

その点からももう一人ということはないだろうと予測していました。

すると、情報提供を呼び掛けていた掲示板に有用な情報を得ることができました。

 

このタレコミが正しければ、赤堀恵美子容疑者の家族構成は旦那、娘、息子の4人家族であるということがわかります。

赤堀恵美子・碇利恵ツイッター特定!

大野智の文春女の顔画像入手!

コメント