×

評判通り?リムネ(LIMNE)マットレスの体験レビューと口コミ調査

LIMNEマットレス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

インスタでも話題の「LIMNE(リムネ)」が販売している「LIMNE the Mattress」。リムネ(LIMNE)マットレスを購入する際に気になるデメリットやメリット、評判などの口コミを徹底調査しました。また、この記事を読めばリムネ(LIMNE)マットレスが合う人・合わない人、リムネ(LIMNE)マットレスの店舗販売やクーポン情報なども分かります。


リムネ(LIMNE)マットレスの口コミ「メリット・デメリット」

リムネ(LIMNE)マットレス愛用者のマヒロさんにお願いして、リムネ(LIMNE)マットレス使用者だからこそ分かるメリット・デメリットについて語ってもらいました。

【この記事を書いた人】
マヒロ
(28歳女性・独身・神奈川県在住・間取り1DK)
リムネマットレスを購入した経緯:テレワークで在宅している時間が増え、ソファ兼ベッドとしていたマットレスの新調を検討。インスタで見かけたリムネマットレスのおしゃれなデザインや「カラダがゆるむ」といったコンセプト、120日間保証に魅力を感じ、2020年4月から使用を開始。現在リムネマットレス愛用歴1年5か月目

リムネ(LIMNE)マットレスのデメリット①「お手入れが必要」

リムネ(LIMNE)マットレスのデメリットというよりは、完全に私の失敗談になります。
リムネ(LIMNE)マットレスはウレタン素材のため、一般的に通気性が悪く通気性をよくするためにすのこベッドの上にマットレスを置くことが推奨されています。もちろん、リムネマットレスも然りで、公式HPにすのこベッドの上に置くように書かれています。
ですが、私はすのこベッドをもともと持っておらず、すのこになっていない木のベッドフレームを使用していました。
本来なら、リムネマットレスを購入した際にベッドフレームを購入しなければいけないのですが、リムネマットレス自体高額ですし、「いいだろ~っ」という軽い感じで、リムネ(LIMNE)マットレスの注意事項を無視して、普通の木のベッドフレームにリムネマットレスを置いて使い始めました。
ウレタンマットレスとは思えない夏でも、快適な寝心地が続く中、私はリムネマットレスのお手入れを1度もすることなく(カバーは数回洗布団掃除機をかけたくらい…)、そのまま1年3カ月が経過。
ある時、ソファ変わりにも愛用していたリムネ(LIMNE)マットレスにあろうことか、テレビを見ながらお茶をこぼすという大失態をしました。「あ~~~、最悪だ、とりあえず、ベッドカバー洗おう」
そこで、見つけてしまったんです、「え…これ、もしかして…(カビかな?)」マットレスに小さい斑点を5個ほど見つける箇所がありました。
よく考えれば、リムネ(LIMNE)マットレスにお茶をこぼしたのは初めてではありませんでした。前回こぼしたときもやはりカバーだけ洗うという行動をしてしっかり、乾かしていませんでした。
そもそも、マットレスにカビなんぞ生えることさえ無知だった私は驚きました。(といっても、目立たない程度です!そのままリムネ(LIMNE)マットレスは使用しています!)
よくよく考えれば、私は部屋の空調はもちろんいれているものの、乾燥するとすぐに肌荒れ、喉の調子が悪くなるというのがあり、常々加湿しまくっていました。(しかも日当たりの悪い私の部屋)
さらにリムネ(LIMNE)マットレスを購入後、お茶をこぼした時でさえマットレスを立てかけるといったお手入れは一切したことがありませんでした。
リムネ(LIMNE)マットレスを擁護するわけではないですが、ウレタンマットレスとは思えないほど通気性はいいと思います。夏でも暑いと感じたことは一度もなく、むしろ付属のボックスシーツでひんやり爽やかにかんじるほどでした。とはいえ!!!やはり最低限のお手入れは必要だと思います。
リムネマットレスを購入したことは一度も悔やんだことはないのですが、リムネマットレスの購入を考えている方は、絶対にすのこベッドの使用、そして定期的な正しいウレタンマットレスのお手入れをされることをお勧めします。
ちなみに、ネットで調べて「カビホワイト」という代物があることをあることを知り、これでほぼ取れたので、セーフでした。

リムネ(LIMNE)マットレスのデメリット②「両面使用できない」

リムネ(LIMNE)マットレスのホームページを見てもらえればわかるのですが、トップ層・ミドル層・ボトム層と分かれており、それぞれの層にそれぞれの役割があり素材や硬さが異なるウレタンが使用されています。
そのため、一般的なポケットコイルマットレスで行うような両面を裏返すマットレスローテーションをすることはできません。つまり、使用法によってはマットレスの寿命はその分短くなる可能性があるということだと思います。
まだ、私は2年弱しか使用していませんが、現在のところソファーのように同じところに座りまくったりしていてもどこかが「へたる」といったことはないのですが、リムネ(LIMNE)マットレスの耐久性を維持するためには、私のような使い方は極力しない方がいいと思います(笑)。
ちなみに、リムネマットレスはマットレス寿命が短いと言われているウレタンマットレスであるにも関わらず、なんと10年保証をつけている耐久性の高いマットレスです。それだけ耐久性に自信があるということだと思います。

リムネ(LIMNE)マットレスのデメリット③「肌触りが良い」

「人をダメにする」このフレーズ大き目のビーズクッション・ソファでよく耳にすると思うんですけど、リムネ(LIMNE)マットレスはまさしく「人をダメにするベッド」です(笑)はっきりいって気持ち良すぎます。

私の場合、1DKの部屋に仕事用の机と椅子もあるのですが、ベッドがテレビと反対側にあり、その間にも机を設置しているため、仕事用の机にたどり着く間もなく、ついついベッドをソファー代わりにする習性がありました。(マットレスの寿命を長くするためにはおすすめできません)

リムネ(LIMNE)マットレスを使い始めてからというもの、もう気持ちいのなんのでやたらに寝るとき以外もリムネ(LIMNE)マットレスに居座すようになり、気づけば爆死・・・。気づいたら朝ということが多発。

これを防止するためには、リムネ(LIMNE)マットレスには寝るとき以外座れない仕様にしておくことがベストです。間取りの都合もあると思いますが、一応忠告だけさせてください(笑)。

リムネ(LIMNE)マットレスのメリット①「最高の肌触り」

リムネ(LIMNE)マットレスのデメリットについて先にお伝えしたのですが、リムネ(LIMNE)マットレスのメリットについても実体験レビューします。

リムネ(LIMNE)マットレスの最大の魅力は、とろけるような肌触りとほどける感触であるのはHPを見ればすぐにわかってもらえると思います。また、

ただ、この柔らかそうなリムネ(LIMNE)マットレスなんですが、すごいのは「柔らかすぎない」とこです!

リムネマットレスは、ウレタンを使用していますが、深部のボトム層には硬いウレタン素材ををしっかり使用しているため、沈み込みすぎないようになっています。そのためか、寝返りも打ちやすく、表面はマシュマロのように柔らかいのに、安定していた土台が実現されています。

リムネ(LIMNE)マットレスのメリット②「カバーが衛生的」

私自身、リムネマットレスを購入するにあたって、いくつか同じ価格帯のマットレス(NELLマットレス・コアラマットレスなど)と検討したのですが、ボックスシーツが付属されている上に、洗濯可能であるというメリットがあるのはリムネマットレスだけでした。

これは、衛生面を保つうえで有難いなと思いましたし、それ以上にうっかりマットレスを汚してしまっても大丈夫という安心感がありました。特にうちは猫を飼っているのでカバーが洗えるというのは重要なポイントでした。

取り外し可能な専用ボックスシーツが付属されているだけでも素晴らしいのに、リムネ(LIMNE)マットレスのカバーは、マシュマロのようなほどける肌ざわりを最大限に引き出す計算しつくされていて、更にカバー表面のデザイン性も高いんです。

私自身、かけ布団のカバーをいくつか試したことがあるのですが、やはりカバーの肌触りや素材で全く違うということは経験済みです。以来、かけ布団カバーをケチらなくなりました。

リムネマットレスはそのカバーを選ぶ手間や労力・金銭的負担が全くないところは本当にありがたいです。

リムネ(LIMNE)マットレスのメリット③「返金無料・120日保証」

マットレスを買う際にリムネマットレスと同じ価格帯のもので悩んだと言いましたが、NELLマットレスもこの保証は確かについています。しかしコアラマットレスは東京都・大阪府以外は返品に7500円お金がかかってしまいます。

120日間も試せて、さらに返金が完全無料、梱包の手間もなく自宅まで回収に来てくれるなんてこんな素晴らしい保証内容はないですよね。

なので、確かに実店舗・ショールームがなくてリムネマットレスを購入する際は悩む気持ちもありましたが、この手厚い保証が購入の決め手となりました。

合わなかったら返せばいいや~と思いつつ、返すことなく今日まで来ています。

\梱包・返送料・配送無料/

120日間無料で試してみる

リムネ(LIMNE)マットレスのメリット④「科学的根拠」

リムネマットレスを購入した時になんとなーーく気になったのがHPに掲載されている科学的根拠を示しているデータです。小難しいことはわからないのですが、体圧分散試験や沈み込み試験、そして睡眠の質に関する検証にはきちんと科学的根拠を客観的な数値で示しており、また専門家が携わっています。

睡眠学会理事のお墨付きがあるというのも心強いです。品質試験をしっかりやっているリムネ(LIMNE)マットレスだからこそ、疑問に答えを導いてくれるようになっています。

  • リムネマットレスは何故、包み込まれるあの感触を実現できるのか
  • リムネマットレスは柔らかいのに何故、腰痛が悪化しないのか、寝返りがしやすいのか
  • リムネマットレスが何故、寝る前の心地よさまで追求したのか
  • リムネマットレスは何故、睡眠効率がいいのか

この答えがきちんと公式HPに書かれています。ぜひ、一度読まれてからリムネマットレスの購入を検討されてください。

リムネ公式HPをCHECK

リムネ(LIMNE)マットレスのメリット⑤「横寝が楽」

これは私の主観ですが、リムネ(LIMNE)マットレスをとくにお勧めしたいのが、比較的男性に比べて小柄な体格の女性で「横向き寝」が好きな方です。

もともと、ウレタンマットレスはポケットコイルマットレスよりも体重が軽い方に向いているとされています。ウレタンマットレスは表面が柔らかいため、体重の軽い方の部位ごとの細かい体圧分散が得意なのです。そして、肩こりの原因になりやすい、「横向き寝」に関しても非常に相性がいいです。

私自身、横向き寝が好きですが、いつも首や肩が詰まってしまうことや時には痺れて起きることもありました。リムネ(LIMNE)マットレスに変えてからはそういうことがなくなり、助かっています。

リムネ(LIMNE)マットレスのメリット⑥「日本人向き」

リムネ(LIMNE)マットレスの販売会社である「リムネ(LIMNE)」という会社は日本企業です。そのため、「日本人の生活を研究し、最適なモノ・コトを創造する」というコンセプトをもとに、日本人の体形に一番フィットする寝具を作り上げています。

リムネ(LIMNE)マットレスのメリット⑦「箱まで気配り」

これは、私自身実際に感動したのですが、リムネ(LIMNE)マットレスが梱包されている箱には、特徴があります。なんと、光を通すとプラネタリウムができるように工夫されているのです。

こんな細かいところまで気が利くとはさすが日本企業です。コロナ渦でプラネタリウムに行くこともなくなってしまいましたが、リムネ(LIMNE)マットレスの箱さえあれば、自宅がすぐにプラネタリウムになるのです。

私も何度か自宅でしましたが、本当に癒されるのでリムネ(LIMNE)マットレスだけでなく、この箱も楽しんでいただけると思います。

リムネ(LIMNE)マットレスのクーポンはある?最安値で買う方法

リムネ(LIMNE)マットレスは量販店に比べると高いマットレスという印象を持っている方が多いのではないでしょうか。せっかくリムネ(LIMNE)マットレスを購入するなら、お買い得価格で購入したいですよね。リムネ(LIMNE)マットレスのキャンペーン・割引クーポン・セール情報について調べました。

リムネ(LIMNE)マットレスですが、不定期でクーポンが公式HPに掲載されたこともあったようですが、現在残念ながらありません。セール情報についても入手していません。

そのため、リムネ(LIMNE)の公式HPに表示されている価格で購入することになります。

  • シングルサイズ 72,000円 税込
  • セミダブルサイズ 82,000円税込
  • ダブルサイズ 92,000円税込

\120日無料トライアル実施中/

リムネの寝落ち体験をする

リムネ(LIMNE)マットレスの店舗販売はある?「寝心地を体験したい」

リムネ(LIMNE)マットレスの寝心地を実際に店舗で体験してから購入したいという方もいるかもしれませんが、残念ながらリムネ(LIMNE)マットレスは店舗販売はしていません。

その代わり、梱包・返送料・配送料が無料という「無料トライアル期間120日間」を設けていますので、ご自宅で実際に使用してみて試すことができます。これは、実際に店舗で試すよりも長い期間自宅環境で試せるというシステムですので、気になる方はぜひ一度リムネ(LIMNE)マットレスを購入してみられることをおすすめします。

リムネ(LIMNE)マットレスは楽天やamazonで取り扱いはある?

残念ながら、リムネ(LIMNE)マットレスは楽天やamazonでの取り扱いがありません。公式HPのみからの購入となっています。

リムネ(LIMNE)マットレスをおすすめする人・しない人

リムネ(LIMNE)マットレスをおすすめする人・しない人についてまとめました。

【リムネ(LIMNE)マットレスをおすすめしない人】

  • マットレスは短いスパンで買い替えたい方
  • 店舗で購入したい方
  • マットレスのお手入れは苦手な方
  • 硬めの寝心地が好きな方

【リムネ(LIMNE)マットレスをおすすめする人】

  • 横向き寝が好きな方
  • 柔らかめの寝心地が好きな方
  • マットレスのカバーは洗えるものが良い方
  • ペットを飼っている方
  • 日本企業のものがいい方
  • 女性
  • ウレタンマットレスの寝心地が好きな方
  • 1つのマットレスを長く使用したい方
  • 返品保証つきのマットレスが良い方
  • 科学的なデータがあるマットレスが欲しい方
  • 設置や開封が簡単にできるものがいい方



リムネ(LIMNE)マットレスのよくある質問

リムネ(LIMNE)マットレスにある質問をQ&Aでまとめました。

Q1、開封時の匂いは気になりますか?

A、ウレタンマットレスでよくある開封時のウレタン臭ですが、リムネ(LIMNE)マットレスは臭いが気になるといった口コミは見つかりませんでした。ウレタン臭は時間経過とともになくなるのが一般的です。

Q2、床に設置することはできますか?

A、床にマットレスを直接敷く直置きですが、リムネ(LIMNE)マットレスは通気性のいいマットレスのため可能です。ただし、定期的にマットレスを立てかけるお手入れをすることが望ましいです。リムネ(LIMNE)が推奨しているのは「すのこベッド」の上にリムネ(LIMNE)マットレスを置くことです。

Q3、枕は市販のものでもよいですか?

リムネ(LIMNE)マットレスと同じ「リムネ(LIMNE)」から販売されている枕がありますが、必ずその枕を使用しなければいけないということはありません。市販の枕でも大丈夫です。ただし、マットレスが変わると枕も高さが調節になることがありますので、リムネ(LIMNE)マットレスが届いた後は、マットレス、枕、ご自身の体の調節をされることをおすすめします。

まとめ

リムネ(LIMNE)マットレスの口コミ、評判、メリット、デメリットについて徹底調査しました。リムネ(LIMNE)マットレスは120日間完全無料保証がついており、気になる方は一度使用してみることへのハードルは低いマットレスとなっています。もともと付属のボックスシーツがついていおり、取り外しできるところや体圧分散試験や沈み込み試験、脳波測定など科学的データをきちんと示せる日本企業のマットレスであることが魅力的に感じました。

\120日無料トライアル実施中/

リムネマットレスを詳しく知りたい

LIMNEマットレスマットレス
のっちをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
minseek[ミンシーク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました