未分類

嘉本悟(かもとさとる)会社特定!「雑音恐怖症に怯える派遣社員の素顔」大阪

kamotosatoru未分類

大阪で吉岡桃七さんが刺殺された後、吉岡桃七さんの下の部屋では火災がおき別の40代男性が死亡したという事件で、死亡したのは48歳の嘉本悟(かもとさとる)であることがわかりました。嘉本悟は、ビルメンテナンス会社であることが報じられており、嘉本悟の会社を調査しました。

吉岡桃七インスタ画像

吉岡桃七の知人5chで掘られる

吉岡桃七大学時代画像

嘉本悟がいやがらせをうけた男性

嘉本悟が在日であったことが判明

嘉本悟(かもとさとる)の会社特定

吉岡桃七さんと嘉本悟(かもとさとる)会社員が住んでいたのは大阪府大東市のマンション「タカハシハイツ」であることが分かっています。

kamotosatoru kaisya

kamotosatoru kaisyakamotosatoru kaisya

タカシハイツは築26年になる鉄骨5階建てのマンションで、吉岡桃七さんの通っていた大阪産業大学まで歩いて15分ほどの場所になります。

ちなみに、この吉岡桃七さんと嘉本悟会社員が住んでいたタカハシハイツですが、JR片町線(学研都市線)の住道駅から徒歩10分と立地がいいのに、家賃は3万円と激安で間取りは1Kでした。洗濯機は屋外設置でオートロックなどのセキュリティー設備はなく、女子大生が一人暮らしするには不向きな物件ではないでしょうか。

嘉本悟さんの会社は「ビルメンテナンス会社」とだけ報じられており、会社の実名は明かされていません。嘉本悟さんの会社はどこなのでしょうか。

吉岡桃七さんと嘉本悟会社員が住んでいたタカハシハイツ付近のビルメンテナンス会社を検索しました。

kamotosatoru kaisya

すると、吉岡桃七さんと嘉本悟会社員が住んでいたタカハシハイツから最も近いビルメンテナンス会社は「太平ビルサービス大阪 大東営業所」という会社でした。こちらは徒歩3分圏内となっています。

しかし、吉岡桃七さんと嘉本悟会社員が住んでいたタカハシハイツは先ほど述べたように、住道駅からほど近いとこに位置しますので、鉄道を使って会社に勤務するということは十分可能です。ビルメンテナンス会社が集中している大阪市中央区は家賃が高いことで有名です。

嘉本悟会社員が家賃3万円のタカハシハイツを選んでいることから、もし中央区のビルメンテナンス会社に勤務していたとしても、会社近隣に住むことは金銭的に困難だったでしょう。

中央区のビルメンテナンス会社も鉄道を使えば30分程度の通勤時間で通勤することができます。
中央区のビルメンテナンス会社も嘉本悟さんの会社の候補として調べました。

kamotosatoru kaisya

※写真はイメージです

  • ビルメンテナンス会社候補②:東洋ビルメンテナンス大阪支社
  • ビルメンテナンス会社候補③:日本ビルメンテナンス大阪支社
  • ビルメンテナンス会社候補④:ジャパンビルメンテナンス
  • ビルメンテナンス会社候補⑤:星光ビル管理
  • ビルメンテナンス会社候補⑥:三宮ビルメンテナンス株式会社
  • ビルメンテナンス会社候補⑦:関西ビル管理
  • ビルメンテナンス会社候補⑧:関西東急ビルメンテナンス
  • ビルメンテナンス会社候補⑨:東宝ビル管理株式会社
  • ビルメンテナンス会社候補⑩:東洋紡ビルメンテナンス
  • ビルメンテナンス会社候補⑪:大阪ビル管理
  • ビルメンテナンス会社候補⑫:近建ビル管理

この会社のどこかに嘉本悟会社員が勤務していた可能性があります。

吉岡桃七DQNパリピ動画

吉岡桃七の騒音クレームに逆ギレしてた

吉岡桃七の経歴(中学高校)

嘉本悟5chタレコミ「過去にもストーカー問題」

嘉本悟が在日であったことが判明

嘉元悟会社員は「雑音恐怖症」だった

火車になり亡くなっていった嘉本悟会社員。現在嘉元悟会社員については吉岡桃七さんを殺害した犯人とまでは報道されていません。しかし、嘉本悟会社員の精神の異常性について産経新聞が報じていました。

大阪府大東市のマンションで殺害された住人の大学4年、吉岡桃七(ももな)さんは京都府京丹後市出身で、平成30年春に大阪産業大(大阪府大東市)に入学したのを機に現場マンションに入居した。大学ではサッカー部のマネジャーを務めており、アルバイト先が同じという同級生の女性は「明るくてしっかりしていて友達も多かった。バイトでも仕事をしっかりしていたのに…」と声を詰まらせた。

一方、吉岡さんを殺害した疑いがある嘉本(かもと)悟社員は、同府吹田市に本社のあるビルメンテナンス会社に所属。これまで派遣先を転々としていたとみられ、現場マンションには約5年前から居住していた。吉岡さんとの接点は確認されていないが、別の住人とは騒音をめぐるトラブルを起こしていた。

最近まで嘉本社員の隣に住んでいた20代男性によると、4月上旬の夕方ごろに突然、壁をドンドンとたたかれ、間隔をあけながら数時間にわたって続いた。数日後にも、深夜から朝にかけて同様の行為が繰り返されたという。

当時、男性は寝ているなどして大きな物音を立てていなかったが、「執拗(しつよう)に壁をたたかれて恐怖を感じたので引っ越した。自分が狙われていたかもしれないと思うと、震えが止まらない」と振り返る。嘉本社員と顔を合わせた際にあいさつしても、無視されたという。

男性は「吉岡さんの部屋の階がうるさいと思ったことは今までない」と証言。嘉本社員が一方的に恨みを募らせていた可能性もあり、大阪府警が動機を調べている。引用:産経新聞

嘉本悟会社員の隣に住んでいたという男性の証言では、嘉本悟会社員が男性に対して壁を叩くという嫌がらせをしていたことが判明しています。

嘉本悟会社員と吉岡桃七さんの間には騒音トラブルがあったのではないかという見方が強いですが、この20代男性のように大きな音を建てて生活していなくても、騒音が気になってしまいその挙句近隣住民を攻撃してしまうという精神疾患は時折見かけます。

強迫障害の一つで平たく言うと「雑音恐怖症」といい、近隣住民のドアの開閉音やトイレを流す水音、階段を登る音などとにかく小さな他人が出す生活音に神経過敏になってしまい、恐怖を感じてしまう病気です。

kamotosatoru kaisya

嘉本悟会社員は雑音恐怖症であったことは間違いないでしょう。嘉本悟会社員のように重度の雑音恐怖症になると、自分をその苦痛から逃れるために直接的に近隣住民に危害をくわえてしまうというケースも実は多いのです。

私自身も隣人が嘉本悟会社員と同じ雑音恐怖症だった経験があります。私は一人暮らしで会社に早くに出勤し、22時過ぎにしか退勤せずほとんど留守にしていたにも関わらず、雑音に関する苦情を申し伝えられ、最初は何の攻撃もうけていませんでしたが、次第にゴミ出しに行く際にドアを開けると追いかけられたり、自分の帰宅時間や出発時間を把握されていたり、壁を叩かれたりと非常に恐怖を感じすぐに引っ越しました。

嘉本悟会社員が精神疾患患者であることに気づけなかった吉岡桃七さん。今となっては後の祭りです。

吉岡桃七彼氏と毎晩イチャイチャしていた住人証言

吉岡桃七のパーティー画像

吉岡桃七Facebook

嘉本悟会社5chより三菱電機判明

嘉本悟が在日であったことが判明

かもとさとる会社では「派遣切り恐怖症」

ところで、48歳にもなって、家賃3万円の物件にしか住めなかった嘉本悟さん。ビルメンテナンス会社の給与はそんなに安月給なのでしょうか。

ビルメンテナンスの仕事でもらえる年収は、おおよそ180万円~384万円あたりです。 ビルメンテナンスの職業についている多くの人の年収は240万円あたりですが、仕事の内容はビルの業態によっても変わってきます。 ビルメンテナンスの会社は系列系と独立系の2つに分かれており、会社の待遇もそれぞれです。引用:ジョブターミナル

調べてみると、ビルメンテナンス会社は多くの人の年収が240万円とかなり安月給な仕事であることが分かりました。

大手のビルメンテナンス会社であれば、これよりも高い給与ももらえるようですが、安月給の原因はほとんどが正社員としての雇用ではなく有期雇用のいわゆる「派遣社員」であるためです。

派遣社員のため、いわゆる賞与や昇給がありません。嘉本悟会社員が40代後半にもなって家賃3万円のFラン女子大生と同じアパートにしか住めなったのも納得できます。

コロナ渦もあり、ビルのメンテナンス費用を削減する会社もでてきています。自宅では雑音の恐怖、会社では派遣切りの恐怖におびえながら生活していた嘉本悟会社員。

吉岡桃七道路族だった!画像

吉岡桃七の5ちゃんまとめ

吉岡桃七Twitter

嘉本悟会社員情報5chタレコミ

嘉本悟が在日であったことが判明

みゆきち BLOG

コメント