未分類

嘉本悟(かもとさとる)は在日韓国人か「9割が名前に使用の漢字」大阪女子大生殺害事件

kamotosatoru未分類

大阪で吉岡桃七さんが刺殺された後、吉岡桃七さんの下の部屋では火災がおき別の40代男性が死亡したという事件で、死亡したのは48歳の嘉本悟(かもとさとる)であることが判明しました。嘉本悟会社員が在日であるという噂について徹底調査しました。

嘉本悟(かもとさとる)は在日韓国人か

大阪で吉岡桃七さんが刺殺された後、吉岡桃七さんの下の部屋では火災がおき別の40代男性が死亡したという事件で、40代男性は48歳の嘉本悟会社員であることが判明しました。

嘉本悟会社員の顔画像や詳しい素性は公に公表されておらず、吉岡桃七さん刺殺への関与に関しても報道はされていません。しかし、吉岡桃七さんと一緒に死亡した嘉本悟会社員に関して様々な情報が飛び交っています。

嘉本悟会社員の名前をgoogleで検索すると、「在日」というキーワードが一緒に検索されていることがわかります。

kamotosatoru zainiti

なぜ、嘉本悟会社員が「在日」であると検索されているのでしょうか。

調べてみると、在日に多い名前にはある漢字の特徴があるということがわかりました。

鈴木とかいう苗字はあまり在日がいない。でも、割合が少ないだけであり、もちろん在日の通名である可能性もある。
名前に「貴」「嘉」「世」「喜」「結」「昌」「信」「康」「三」「遠」「浩」なんて文字が入っていると在日である可能性は9割以上に跳ね上がる。在日が多い苗字、在日が好む名前は存在する

kamotosatoru zainiti

こちらは、在日に使われる漢字を羅列していますが、やはり嘉本悟会社員の「嘉」という漢字は在日に多いようです。

実際に嘉本悟会社員の名前を検索してみても、「嘉本悟」でヒットするのはたった一件だけ。嘉本という苗字が日本には少ないことがわかります。

kamotosatoru-facebook

もし、このフェイスブックの「嘉本悟」が嘉本悟会社員本人であったとしたら、嘉本悟というFacebookは他にないことになり、極めて珍しい名前です。在日ということが言われてもおかしくないですね。

しかし、嘉本悟会社員が「在日」といわれているのには、ほかにも理由がありました。

嘉元悟会社員プロフィール

嘉本悟会社員について報道で明らかになっているプロフィールについてまとめました。

  • 名前:嘉本悟(かもとさとる)
  • 年齢:48歳
  • 職業:ビルメンテナンス会社写真
  • 住所:大阪府大東市谷川2丁目「タカハシハイツ」
  • 嘉本悟会社員顔画像:未特定
  • 嘉本悟会社員Facebook:未特定
  • 嘉本悟会社員Twitter:未特定
  • 嘉本悟会社員インスタ:未特定

かもとさとる在日で「凶悪犯罪者」か

嘉本悟会社員が「在日」だと言われている背景には、今回の吉岡桃七さんが刺殺された事件の犯人として最も可能性が高いという見立てが強いことに起因します。

吉岡桃七さんが刺殺され、下の階に住んでいた嘉本悟会社員が火事で亡くなった事件の概要を再度見てみましょう。

大阪府大東市のマンション3階一室で住人の大学4年、吉岡桃七(ももな)さん(21)が殺害された事件で、吉岡さん宅の真下の部屋に住む男が、はしごや灯油などを準備していたとみられることが30日、捜査関係者への取材で分かった。司法解剖の結果、吉岡さんの遺体には刃物などによる数十カ所の傷があり、後頭部の粉砕骨折などが致命傷となったことが判明。大阪府警は男が強い殺意を持ち、計画的に吉岡さんを襲った疑いがあるとみて詳しい経緯を調べる。

府警によると、男はビルメンテナンス会社の嘉本(かもと)悟社員(48)。4月28日朝、吉岡さんの部屋の真下にある2階の自室で火災が起き、室内から搬送された後に死亡。死因は急性一酸化炭素中毒だった。室内には、灯油が入っているとみられるポリタンクや着火器具があり、府警は自ら火をつけたとみている。

吉岡さんは同日朝、自室のベッド横でパジャマ姿で血を流して倒れていた。ベッド上には複数の鈍器や刃物が残されていたほか、吉岡さん宅と嘉本社員宅のベランダとの間には、はしごがかかっていた。

捜査関係者などによると、はしごはマンションの備え付けではなく、嘉本社員宅からは、はしごの空き箱のようなものが見つかった。また、部屋には石油ストーブなどはなく、放火するために灯油を用意したとみられる。吉岡さん宅の玄関付近にはドアストッパーがあり、嘉本社員が玄関ドアが開かないようにして逃げ道を塞ぐために仕掛けた疑いがある。引用:産経新聞

嘉本悟会社員がもし犯人であるとしたら、吉岡桃七さんの部屋にドアが開かないようなストッパーまで仕掛けたうえに、自分ではしごをや灯油、着火器具まで用意するという計画的な犯行のうえに、何度も吉岡桃七さんを刺したということがわかります。

執拗なまでの殺意がある残虐的な犯行。そして、嘉本悟会社員は女子大生である吉岡桃七さんに対してストーカーをしていたという話もあります。

過去に在日中国人・在日韓国人が起こした事件を見てみても、嘉本悟会社員のように残虐な類似事件が多数存在します。

ここ近年でも、オウム真理教がらみや5人~7人などの複数の殺害、線路への突き落とし、性犯罪など、在日の事件は記憶に残っているものもおおいのではないでしょうか。

1995年(平成7年)4月23日- 村井秀夫刺殺事件、オウム真理教の幹部だった村井秀夫を、右翼を名乗る在日朝鮮人徐裕行が衆人環視の中刺殺した事件。オウム事件の捜査に深刻な影響を与えた。また犯人は朝鮮総連に出入りしており、辛光洙とも接点があった。
1998年(平成10年)6月28日 – 碧南市パチンコ店長夫婦殺害事件。同事件の首謀者である堀慶末は在日朝鮮人3世。
2004年(平成16年)11月18日 – 茨木市連続ひき逃げ事件、韓国籍の23歳男による犯行。5人が死傷。
2005年(平成17年)4月6日 – 聖神中央教会事件、在日韓国人の主管牧師が信者の少女7人に性的暴行。
2007年(平成19年)9月10日 – 函館市銃撃戦、韓国籍の52歳の住吉会系暴力団員の男が盗難車で走行中、警察官と銃撃戦となり男が死亡、警察官が負傷した。
2013年(平成25年)8月 – 韓国籍の男が、元京都弁護士会会長の彦惣弘立命館大学教授を、京都市の路上で刺傷し殺人未遂で逮捕された。
2016年(平成28年)
8月9日 – 韓国籍の講談社社員の朴鐘顕が妻を殺害。
12月11日 – 新今宮駅線路突き落とし事件、朝鮮籍の28歳の男がホームにいた女性2人を突き飛ばし、1人が線路に転落。
2019年(平成31年)
2月1日 – 新井浩文強制性交事件、俳優で韓国籍の新井浩文(通名)が派遣マッサージ店の女性従業員を強姦したとして、強制性交罪で逮捕。
日本中が驚いた女子大生の吉岡桃七さんの殺害・火災事件。事件関係者の嘉本悟会社員が在日と言われても納得できます。

嘉本悟会社員在日はデマ

しかし、嘉本悟会社員が「在日」であるというソースは現在のところ5chなどの掲示板も含め確証のなる情報がありません。しかし、絶対に「在日だ」「在日韓国人だろ、この名前」「在日中国人と言う線もある」などのコメントは確かにみかけます。

過去には、悲惨で残虐な事件の犯人は「在日」であると吊し上げデマだったことが分かっているという事件もあります。

kamotosatoru zainiti

嘉本悟会社員が在日韓国人あるいは在日中国人であるという事実があるのかは慎重に取り扱っていきます。

みゆきち BLOG

コメント