西田裕一

西田裕一Facebook・顔画像特定「典型的なサイコパス」兵庫丹波林道中学生遺棄

nishidayuichikaogazou西田裕一

兵庫県丹波市の林道に中学二年生の少女の遺体を遺棄した容疑で逮捕された犯人西田裕一(にしだゆういち)。西田祐一のFacebook・ツイッター・Instagramを調査しました。にしだひろかずは鹿児島在住であることが運転免許証より判明しています。西田裕一の顔画像特定に迫りました。

西田裕一Facebook!鹿児島在住アカウント

兵庫県丹波市の林道に中学二年生の少女の遺体を遺棄した容疑で逮捕された西田裕一。西田裕一の顔画像は現在報道で公開されていません。

西田裕一の顔画像を特定するために、Facebookを調査しました。西田裕一は20代でありSNS世代。被害少女ともSNSを通じて知り合っており、西田裕一がFacebookも使用していた可能性は高いのではないでしょうか。

西田裕一の実名から考えられる「西田裕一」「にしだゆういち」「nishida yuichi」などの名前をFacebookの検索窓に入力していきます。西田裕一という名前は、苗字も名前も珍しい名前ではありません。そのため、多数のFacebookアカウントがヒットし「西田裕一」の名前でヒットしたFacebookアカウントは50件ほどありました。

nishidayuichi facebook

この中から西田裕一容疑者のフェイスブックアカウントを一件一件調査していきます。西田裕一のFacebookを特定するためにまず報道で明らかになっている西田裕一のプロフィールを整理します。

【西田裕一のプロフィール】
名前:西田裕一(にしだゆういち)
性別:男
年齢:23歳
容疑:死体遺棄容疑
住所:西田容疑者の運転免許証での住所は鹿児島県内であることが判明しました
職業:無職
犯行現場:兵庫県丹波市氷上町新郷の林道

西田裕一のFacebookアカウントはこの中にあるのでしょうか。

nishidayuichi facebook

さすがに、西田裕一の手掛かりとして男性と年齢(23歳)だけではFacebookアカウントを特定するには情報が不十分のため、さらに複合的な情報を得るためにツイッターやインスタも調査しました。(下に続きます。)

【追記】西田裕一容疑者は鹿児島在住であることが運転免許証より明らかになりましたのでさらにFacebook調査を続けます。

西田祐一兵庫県丹波林道中2女子遺体事件【概要】

西田裕一が兵庫県丹波市の林道で中学二年生の遺体を遺棄した事件の概要はこちらです。

 6日午前3時ごろ、男が「自殺しようとしたが、死にきれなかった」と兵庫県警丹波署に届け出た。男は少女と2人で自殺を図ったと説明。署員が男の案内で同県丹波市氷上町新郷の林道を調べ、あおむけに倒れた少女の遺体を発見した。署は同日、死体遺棄容疑で住所不定、無職西田裕一容疑者(23)を逮捕した。
署によると、容疑を認めている。少女は県内の中学2年生(13)で、5日に家族から捜索願が出されていた。
西田容疑者は逮捕前の聴取に「少女とSNSで知り合い、2人で死のうと思い、車で現場に行き練炭を使った」と説明。遺体に目立った外傷はなく、付近には練炭の燃えかすが残っていた。引用:東京新聞

にしだゆういち(鹿児島県民)の事件に対するネットの声

死亡したのが未来ある中学二年生(13歳)の少女、そしてSNSを通じて西田裕一と出会ったことで起こってしまった事件。様々なネットの反応がありました。

子供のいる世界の全部を親が監視するのは難しい。プライバシーもあるし、全部を管理するのも違う気がする。親が未然に防げる場合もあるかもしれないけど、これだけ犯罪に巻き込まれる子供達が多いのならある程度の年齢までSNSを使えないようにするべきでは?
いくら学校や親がSNSに関する教育広報をしても伝わらない事も多いし、危険性を頭で理解していても自分が巻き込まれるわけがないという楽観視もあると思う。
あるいは巻き込まれることを良しとする子供もいるだろうし、命を守る為に国がもっと厳重にSNS利用に対する決まりを作って命を守る行動をしては?
ゲームでもボイスチャット機能で子供が喋ってる。
ゲームプレイを手助けする機能だけどゲーム以外の事も話せるし、
ゲーム中に手助けすると簡単にフォローしてくるのも子供が多い。
容易に知り合えて出会うことも簡単です。
ゲームの時と実際は別人かもしれないのにね。
13才って子ども。
いくら若くて判断力未熟な23才でも、
若年者を守る感覚を持つべきでは。
どうやって育ったのか。
それに整備もできてないのに、
子どもにSNSの利用を許可してる国どうなの?
親の手に届かないところでのやり取りで保護者不在と同じ。
親の倫理観や子どもを守る意識も様々。
親の知識や技術も。
未成年や若年は、国の宝、国で守るべき存在と位置付けて、
強固に守るべき。
未成年のSNS利用自体も問題だと思うが、
今の状況では、
とりあえず、18才未満(18才高校生含む)の未成年に、
保護者や然るべき公的機関の許可なく
個人的に連絡を取った成人を厳罰にすべきでは。
中学生の保護者の気持ちを考えると何とも切なくなる。
集団自殺の心理が分からないからこうやって初対面に近い相手と一緒にって理解しがたい。
よく分からないけれども命は粗末にしないで欲しいなと思う。

西田裕一の死体遺棄現場「丹波市」鹿児島からどうして?

西田裕一は少女の遺体を遺棄した後、自ら警察に通報しています。通報で駆け付けた警察官が、兵庫県在住の中学2年生の少女の遺体を発見しています。現場は兵庫県丹波市氷上町新郷の林道。JR石生駅から西に5キロ以上離れた山中で亡くなっていました。
tanbashi
西田裕一は鹿児島在住であるにも関わらず、わざわざ兵庫県丹波市まできて少女と練炭自殺を練炭自殺をはかろうとしたのか疑問が残ります。

西田裕一ツイッター

西田裕一と少女はSNSを通じて知り合っていますが、現在10代~20代で最も使用されているSNSがツイッターです。

西田裕一のTwitterアカウントを調査しました。西田裕一のツイッターアカウントを特定するために、「西田裕一」「にしだゆういち」「nishida yuiti」など西田裕一容疑者の実名から考えられる名前をツイッターの検索窓に入力していきます。

西田裕一のツイッターアカウントの検索結果はFacebookアカウントより大幅に少なく12件でした。

nishidayuichi facebook

この中に西田裕一容疑者のツイッターアカウントがあれば特定しやすそうです。西田裕一のツイッターアカウントを一件一件調査していきます。

しかし、自殺をほのめかすツイッターアカウントや年齢が確定できるツイッターアカウント、中二少女とフォローしあっているTwitterアカウントを見つけることはできず、現在西田裕一のツイッターアカウントを特定することはできていません。

nishidayuichi facebook

西田ひろかず顔画像

中学生の少女と一緒に死のうと思い接触するも自分は死ねずに110番してきた西田裕一容疑者。そして、少女と西田裕一容疑者はSNSを通じて出会っていました。

実はこの事件に既視感がある方もいるのではないでしょうか。

静岡県浜松市で匂坂絢乃さん(15)を誘拐し、一緒に自殺しようとして自分だけ生き残った入江大容疑者(33)です。入江大容疑者は警察に自ら110番し、「一緒に自殺しようとしたが、自分だけ生き残ってしまった」と供述していました。入江大容疑者の顔画像がこちらです。

nishidayuichi kaogazou

nishidayuichi kaogazou

太い眉にキツネのような目、口角の下がった口元、明らかにモテない感じのサイコパス感が漂う入江大容疑者の顔。

西田裕一容疑者も全く同じような事件を起こしていますので、このような顔だったのではないでしょうか。

他人の命を何とも思わず、あろうことか未来ある少女の死体を遺棄するという行為。完全に西田裕一容疑者がサイコパスであることはお分かりかと思います。

実は医学的にはこの「サイコパス」という病名はないのですが、このような精神疾患患者の顔には一定の特徴があるという論文も発表されています。

nishidayuichi kaogazou

例えば、こちらは神奈川県座間市で起きた9人もの殺害事件の犯人、白石隆浩被告です。入江大容疑者と同じように目鼻立ちがはっきりとせず、目が細い表情に乏しいという印象を受けられると思います。

西田裕一容疑者もいわゆる「サイコパス」フェイスの人間だったに違いありません。

みゆきち BLOG

コメント