×
週刊誌

倉持麟太郎前妻の顔画像が美人!元CA嫁自殺「息子奪われた人生の末路」親友告白(文春)

週刊誌

倉持麟太郎弁護士の前妻が倉持麟太郎弁護士と山尾志桜里衆院議員の不倫が原因で、自殺していたことが文春オンラインで明らかになりました。倉持麟太郎弁護士の元嫁の顔画像や倉持麟太郎弁護士の元奥さんの親友から生前の様子について迫りました。

倉持麟太郎前妻の顔画像「元CAで美人」

文春オンラインで倉持麟太郎(くらもちりんたろう)弁護士と国民民主党の山尾志桜里(やまおしおり)衆院議員が不倫関係を継続していることが報じられました。国民民主党の山尾志桜里衆院議員は、議員パスを使って倉持麟太郎弁護士の自宅へ密会を重ねていたことが明らかになっています。

実は、倉持麟太郎弁護士と山尾志桜里衆院議員が不倫していることが報じられたのは2017年の週刊文春。倉持麟太郎弁護士は山尾志桜里衆院議員との不倫が原因で前妻の女性と離婚しています。

実は倉持麟太郎前妻ですが、文春オンラインによると2020年10月に自殺していたという衝撃の事実も明らかになりました。

kuramotirintarou zensai kaogazou

倉持麟太郎弁護士の元嫁はどのような女性だったのでしょうか。倉持麟太郎弁護士の前妻の情報でメディアにより明らかになっていることをまず簡単にまとめます。

【倉持麟太郎弁護士の前妻情報】

  • 2017年の8月半ば、倉持麟太郎弁護士の元嫁(妻)のA子さんは、「左脳大脳動脈狭窄症」を発症→そのまま放置すると脳梗塞の恐れがあるため倉持麟太郎弁護士の勧めで息子と一緒に実家で療養していた
  • 倉持麟太郎弁護士には元々婚約者がいたが、倉持麟太郎弁護士は元妻(当時CA)と出会い婚約破棄し結婚した(できちゃった婚)
  • 倉持麟太郎弁護士と倉持麟太郎弁護士の前妻は2017年11月に離婚成立。倉持麟太郎弁護士が息子(2歳)の親権をもった
  • 倉持麟太郎弁護士の前妻は、息子の親権を争ったが倉持麟太郎弁護士の前妻に病気(左脳大脳動脈狭窄症)があることを理由に親権をとることができなかった。ちなみに倉持麟太郎弁護士の専門分野は離婚

倉持麟太郎弁護士の前妻は週刊文春が山尾志桜里衆院議員と倉持麟太郎弁護士のW不倫について報道があった以降にメディアの取材にも複数回応じています。その際の倉持麟太郎弁護士の前妻の顔画像がこちらです。

kuramotirintarou zensai kaogazou kuramotirintarou zensai kaogazou kuramotirintarou zensai kaogazou

倉持麟太郎弁護士の前妻は元CAというだけあり、すらっと細い脚やモザイク越しでも美人であることはお分かりいただけるのではないでしょうか。

倉持麟太郎弁護士の前妻の方は残念ながら、自殺で亡くなっていらっしゃる一般人の方ですので、モザイクなしの顔画像を掲載することはできませんが、倉持麟太郎弁護士の前妻の顔は元CAでタレントとして活動している松尾知枝さんに非常に雰囲気が似ている美人です。

kuramotirintarou zensai kaogazou kuramotirintarou zensai kaogazou kuramotirintarou zensai kaogazou kuramotirintarou zensai kaogazou kuramotirintarou zensai kaogazou kuramotirintarou zensai kaogazou

松尾知枝さんも非常にスタイルがよく、綺麗な方ですよね。倉持麟太郎弁護士の前妻はANAのキャビンアテンダント(CA)でした。CAの中でも皆が憧れる一流企業。婚約者がいた倉持麟太郎弁護士に一目ぼれさせるほどの容姿です。

大きな声では言えませんが、正直山尾志桜里衆院議員よりとても美しかった倉持麟太郎弁護士の元奥さん。倉持麟太郎弁護士の前妻A子さんのお葬式の遺影の顔画像や棺に入ったその若くて綺麗すぎるお姿に言葉が出なかったと語ってくれた倉持麟太郎弁護士の前妻の知人。その怒りの声を聞かせてくれました。(下に続きます)

倉持麟太郎弁護士のプロフィール「マメ男」

倉持麟太郎弁護士のプロフィールについて簡単にまとめました。

kuramotirintarou kaogazou

  • 名前:倉持麟太郎(くらもち りんたろう)
  • 出身地:東京都渋谷区
  • 生年月日:1983年1月16日(38歳)
  • 所属:第二東京弁護士会
  • 専門分野:不倫
  • 性格:倉持麟太郎弁護士の前妻A子さんは文春の取材に対して以前「倉持弁護士はとても誠実で浮気などするような人ではない、倉持弁護士はとても『マメな男』だ」と話しています。
  • 目標:政治家になること

マメ男は女性には非常にモテますね。マメ男こそ結婚後も女性にモテることによって不倫に陥ってしまいがちな男性の特徴です。

倉持麟太郎弁護士の前妻とも婚約者がありながらの略奪婚&できちゃった婚という経緯を考えると、もともと浮気体質な人間なのではないでしょうか。

倉持麟太郎弁護士元嫁「息子のいない人生は生きる価値ない」

倉持麟太郎弁護士と山尾志桜里衆院議員の不倫報道が文春に報じられた際、両者ともに不倫に関しては否定していました。

kuramotirintarou zensai kaogazou

しかし、実際は「シオちゃん」「リンくん」と呼ぶ間柄だった倉持麟太郎弁護士と山尾志桜里衆院議員。倉持麟太郎弁護士と山尾志桜里衆院議員のW不倫報道後は、倉持麟太郎弁護士は自宅に帰ることはなく、『一緒に暮らしていく自信がない。これまでも離婚をずっと模索していた』と一方的に切り出され離婚が成立となっています。

kuramotirintarou zensai kaogazou kuramotirintarou zensai kaogazou

おまけに倉持麟太郎弁護士の前妻は息子の親権を奪われただけでなく、渋谷の自宅からも追い出され泣く泣く千葉県の実家へ帰らされました。

不倫報道当初こそ、メディアの取材に積極的に答えることでなんとかして世論を味方につけ、最愛の息子の親権だけは欲しいと訴えていた倉持麟太郎弁護士の前妻A子さん。

千葉県の実家で、倉持麟太郎弁護士の前妻A子さんを度々支えてきた親友のBさんは生前の倉持麟太郎弁護士の前妻A子さんについて涙ながらに重い口を開きました。

(倉持麟太郎弁護士の前妻)A子は病気の治療もしながら、なんとかして息子の〇〇くんの親権だけは取り返したい、それだけが自分の生きがいだと何度も何度も言っていました。
倉持麟太郎弁護士との離婚が成立して、倉持麟太郎弁護士と山尾志桜里衆院議員が再婚したら、息子は山尾志桜里衆院議員を「ママ」と呼ぶのだろうか。不倫するような女性が息子に十分な愛情をかけて育児なんてしてくれるわけがない。私があの子を救える唯一の人間なんだと強く語っていました。
だけど、倉持麟太郎弁護士は離婚の専門家でしかも敏腕弁護士です。素人の(倉持麟太郎弁護士の前妻A子が弁護士をつけても到底戦えませんでした。弁護士界隈で不倫弁護士は皆知り合いだから、倉持麟太郎弁護士を相手取るのは正直気まずい、しかも不倫相手が山尾志桜里衆院議員となれば、「ここは丸くおさめたほうがいいですよ」と(倉持麟太郎弁護士の前妻)A子の弁護士にも見捨てられる始末で。
去年の秋口くらいから「息子のいない人生なら生きてる価値なんてない」と呟くようになりました。もともとは明るく笑顔の似合う(倉持麟太郎弁護士の前妻)A子だったのに全く笑顔もなくなりました。もともと、自分は病気もあるし、なんのために生きながらえてるんだろう。今までは息子が大好きなママでいれることだけを目標にしてきたけど、もう私はママじゃない、もう疲れちゃった・・・

励ますことしかできなかったという倉持麟太郎弁護士の前妻A子さんの親友Bさん。

(倉持麟太郎弁護士の前妻)A子はなんにも悪いことしてないんですよ。一生懸命家事も仕事もしていて、女性としてもみんなが羨むくらい綺麗で、ママとしても息子の〇〇くんのことを一番に考えて、誕生日やこどもの日は家を飾り付けて手作りケーキでお祝いしてあげて。そんなどこにでもいる本当に素敵なママでした。一点の落ち度もない(倉持麟太郎弁護士の前妻)A子が、どうしてこんな辛い思いばかりして生きて、倉持麟太郎弁護士と山尾志桜里衆院議員は未だに関係を持っているなんてそんなの許せません・・・

倉持麟太郎弁護士元妻に「シーツ洗ってきた」

日本最大難関資格の弁護士資格をもつ倉持麟太郎弁護士。当然ながら凡人ではありえないほどのIQの持ち主、インテリ男子であることは間違いありません。

しかも、不倫弁護士であった倉持麟太郎。数々のクライアントの不倫案件を取り扱ってきたのに、何故か自己学習はできていなかったようです。

倉持麟太郎弁護士の前妻に結婚してこの方洗ったことがないシーツを洗ってきたとLINEしたり、結婚式のウェルカムボードを捨てていたりとあまりに不自然な行動を繰り返していました。

kuramotirintarou zensai kaogazou

弁護士でありながら、山尾志桜里衆院議員と不倫を4年前にして現在は離婚後でシングルの身とはいえ、未だに山尾志桜里衆院議員とつながっていて、しかも相手の山尾志桜里衆院議員に議員パスで通わせているなんて、正直自分の身辺は穴だらけです。

みゆきち BLOG

コメント