週刊誌

柴山成一郎経歴は龍谷大学出身のエリート皇居警察「日本古来の一夫多妻制に憧れていた」

週刊誌

文春オンラインで「しばやませいいちろう」が重婚していたことが報じられました。懲戒処分をうけた皇居警察官(京都護衛署長)の柴山成一郎の経歴や写真・顔画像について調べました。柴山誠一郎が不倫相手との出会いに利用したマッチングアプリを特定しました。

柴山成一郎経歴「龍谷大学出身」

柴山誠一郎の経歴はこちらです。

  • 柴山成一郎 59歳 1962年生まれ
  • 柴山成一郎経歴(15歳のとき)1978年 中学卒業
  • 柴山成一郎経歴(18歳のとき)1981年 高校卒業
  • 柴山成一郎経歴(22歳のとき)1984年 大学卒業
  • 柴山成一郎経歴(22歳のとき)1984年 皇居警察学校 入校
  • 柴山成一郎経歴(23歳のとき)1985年 皇宮警察本部 所属
  • 柴山成一郎経歴(30代)監察課長
  • 柴山成一郎経歴(40代)警備二課長
  • 柴山成一郎経歴(55歳のとき)2016年赤坂護衛署副署長
  • 柴山成一郎経歴(59歳のとき)2020年 京都護衛署長

柴山成一郎は、赤坂護衛署副署長を経て京都護衛署長まで登りつめた経歴の持ち主です。皇居警察になるには高卒でもなることは可能ですが、順調に出世していることを鑑みると、間違いなく大学を卒業しているでしょう。

一般的な警察と一線を画した、国の象徴である天皇一家を護衛する機密組織である「皇居警察」になるには、経歴の中で最終学歴となる大学は重要視されます。

2017年8月10日「AERA dot.」の警察官採用に強い大学として、掲載されていたのが

日本大学、国士館大学、帝京大学、東海大学、龍谷大学、近畿大学、中京大学、専修大学、福岡大学
、京都産業大学、東北学院大学、神奈川大学、日本文化大学、東洋大学、関西大学です。

どの大学も履歴書に経歴として書くと、警察に採用されやすくなること間違いありません。しかし、ことさら皇居警察になるにあたって重要視されているのが、一般的な警察官に必要な体力ということだけでなく、日本の古来の歴史や文化に精通しているということです。

天皇陛下を護衛するのですから、当然と言えば、当然です。そのため、龍谷大学や国土館大学の経歴の警察官が皇居警察には多いことが知られています。

特に、柴山成一郎が皇居警察になった際の年代は今よりもその傾向がさらに顕著でした。

柴山せいいちろうは京都へマンションを保有していることから、関西圏の出身であるということを加味すると、「龍谷大学」出身で間違いないでしょう。

柴山誠一郎写真・顔画像

柴山成一郎の写真・顔画像はこちらです。

柴山成一郎の写真は、マスクをしていますが、眼鏡をかけ、いわゆる7:3分けの髪形は私たちが想像するお堅い警察官のイメージに「柴山成一郎」は合致しています。

柴山成一郎の写真で、肌が少し色黒なのは、外での護衛によるものなのでしょうか。ですが、護衛署長にまで登り詰めた柴山成一郎が、そんな現場勤務をしているとは考えにくいです。

柴山成一郎はいわゆる「飲兵衛」で肝臓に負担をかけていたのではないでしょうか。私は医療者従事者だから肝臓内科では柴山成一郎のような肌色の患者さんをよくお見かけしています。

実際に文春の記事でも、柴山成一郎が酒臭い状態で浮気相手に土下座したということが書かれていましたね。

柴山成一郎は、59歳であっても、3人の女性をまたにかけていただけあり、さすが、肌もテカテカで油がのっていますね。

しばやませいいちろう女性まとめ

文春オンラインで報じられた女性ですが、3人もいたためさすがにわかりにくかったため、簡単に整理します。

本妻:2020年に柴山成一郎が再婚した女性。柴山成一郎が京都護衛署長になる前に入籍。京都在住。

不倫相手A:柴山成一郎が3年以上付き合っている事実婚女性。京都在住。

不倫相手B:2018年に柴山成一郎がマッチングアプリで知り合った女性。未亡人。外資系企業勤務。東京在住。

東京には二人の女性、京都にはまた一人の女性をパートナーとして持っていた柴山成一郎。龍谷大学時代に日本の歴史で「一夫多妻制」を学んだからでしょうか。時代錯誤もいいとこです。

柴山成一郎が使用したマッチングアプリは「パートナーズ」

柴山成一郎は本妻がいるにも関わらず、東京でもBさんをわざわざマッチングアプリで探していたというから驚きです。

柴山成一郎のような40-50代に人気のマッチングアプリといえば、パートナーズ(Partners)。シニア世代の登録も多いです。

柴山成一郎はマッチングアプリで、わざわざ15歳年齢の離れた44歳の女性を指定して、付き合っていました。本妻やAさんに飽き、若い女性を物色したかった柴山成一郎。

仕事場では、厳しく「カミソリ」と言われていたようですが、下半身はユルユルだったようですね。

コメント