twitterで話題

川崎市中原区通り魔殺人の顔画像!「眼鏡にマスク色白男」ツイッター流出・自作自演男

twitterで話題

2021/6/8に川崎市中原区で通り魔殺人事件が起きツイッターは騒然。しかし、殺傷された20代男性の自作自演だったことが判明しました。川崎市中原区通り魔殺人を自作自演した20代男性は誰だったのか、顔画像とその動機を深堀しました。

川崎市中原区通り魔殺傷事件【概要】

神奈川県川崎市中原区で通り魔殺傷事件が起きました。

川崎市の路上で出勤途中の20代の男性が背中を刺され重傷。

警察によると、午前7時ごろ川崎市中原区の路上で「知らない人に刺された」と20代の男性から110番通報があった。男性は出勤途中で刺した人物を見ていないという。

消防によると、腰のあたりを刺されていて重傷。現在のところ目撃者がいないことから警察は防犯カメラの解析など捜査を進めている。また、付近の小学校などに注意喚起を行いパトロールを強化している。引用:yahooニュース

通勤時間帯に起きた川崎市中原区通りの通り魔犯行に現場近くの住民は騒然。多数の不安の声が聞かれました。

事実確認と素早い犯人確保を、願う。
又、近隣住民へ緊急速報は流れて居るのか? 事件の被害に遭われた方の心身のケアも重要。お大事になさってください。
めちゃくちゃ怖いね。早く捕まってほしい。
被害者は後遺症とかないといいな。
最近知らない人を襲う人とか多くて嫌になる。
コロナ禍で命大事に…の時期なんだけど、なぜこんな事件ばかり?
それにしても、刺した人を見ていないとは?
混んでいた所を歩いていたのかな?それなら周囲で目撃者がいそうだけれど。
防犯カメラがどこかにあるだろうし、犯人確保は時間の問題でしょう。
どういう状況だったのでしょう?
こんなに刺す事件が連続してるから、刑罰や対応等、なにか見直す時期なんだと思う。
めっちゃ怖いですね、、。犯人が早く逮捕される事を祈ります。つい最近だと立川殺傷事件があったり、今日で池田小事件から20年、秋葉原通り魔事件から13年、明日で東海道新幹線殺傷事件から3年経ちますけど、なんだか6月に入ると無差別的な殺傷事件が多いですよね、、。
昔、横浜のトンネルで女性が刺殺された通り魔事件あったな。犯人は別の通り魔事件で捕まったみたいだけど、たて続けに連続的に起きる可能性あるから今回のも犯人が捕まるまで要注意だわ。
最近こういう事件が少し増えた様な。被害者が加害者を見てない様なので分からないが、無差別に人を刺したくなる衝動があったとすれば、犯人は統合失調症の患者かも知れないな。しかし被害者が気の毒だ。
kawasakitoorimajiken gennba

川崎市中原区通り魔殺傷事件「自作自演の供述」

しかし、午後になり川崎市中原区通り魔殺人の犯人が被害者自身で、なんと自作自演の犯行だったことが判明。
kawasakitoorimajiken gennba
事件当初から、「犯人は見ていない」「知らない人だった」と矛盾する発言をしていた川崎市中原区通り魔殺人の当事者。しかし、腰を深い刺し傷を負い、重症であることには間違いありません。

川崎市中原区通り魔殺人犯は誰?「ツイッターより流出」

川崎市中原区通り魔殺人事件、結局自作自演だったというお騒がせの男性ですが報道では「20代男性」と報じられました。

この20代は誰なのか現場に居合わせた人から証言はないかツイッターを調査しました。すると、Twitter上には川崎市中原区通り魔殺人の犯人を思わせるツイッターの投稿がありました。

kawasakitoorimajiken hannin twitter

川﨑通り魔事件の犯人を特定するツイッターを確認してみると、Twitterのアカウント名が「無敵の人」というアカウントがヒット。

kawasakitoorimajiken hannin kaogazou

恐ろしいマスクをした顔面のツイッターアカウントがヒットしましたが、ツイート自体は鍵垢となっており、恐らく誤特定のツイートでしょう。

さらに川崎市中原区通り魔殺人犯の20代男性について深堀していきます。

川崎市中原区通り魔殺人犯顔画像「眼鏡にマスク色白男」

川崎市中原区通り魔殺人を自作自演した20代男性。通り魔殺人事件の被害者を装うとは20代男性の闇は深いです。

ツイッターでは、「仕事でパワハラにあったのではないか」「家庭内でもめ事があったのではないか」などの憶測の声や「人騒がせなやつだ」という怒りの声も多く寄せられました。

過去に「自作自演」で逮捕された容疑者といえば、青森市で母親が殺害された被害者を装っていながら加害者だったという佐藤駿容疑者がいます。佐藤駿容疑者の顔画像はこちらです。

kawasakitoorimajiken hannin kaogazou

当初は祖父と父親を続けて亡くした上に母親まで殺害された可哀想な息子を装っていた佐藤駿容疑者。しかし、捜査が進むと、自身で母親を殺害したということを供述しました。

川崎市通り魔殺人自作自演のワケ「家族に保険金を残したかった」

佐藤駿容疑者は無職で、母親との関係がうまくいかなくなったことで殺害に至っています。川崎市中原区通り魔殺人事件の20代男性は通勤時間帯にこの事件を起こしたため「職場に行きたくなかったのではないか」「通勤途中だったようだ」という意見もありましたが、佐藤駿容疑者のように実際は仕事がなかったのではないでしょうか。

コロナ渦でリストラで失業率は上昇しています。川崎市中原区通り魔殺人を自作自演した20代男性もおそらく会社の身勝手な都合から仕事を奪われてしまいました。しかし、家族には言い出せず毎日出勤したふりをして向かうのはネットカフェ。そんな自分に嫌気がさし、誰かに殺されたとすれば家族に保険金でも入るかもしれないと死ぬ覚悟で決行。川崎市中原区通り魔殺人の自作自演を言う事実は決して許されることではありませんが、川崎市中原区通り魔殺人を自作自演しなければならないほどに経済苦に追い詰められていたことを考えると同情してしまいます。

みゆきち BLOG

コメント