×
twitterで話題

熱海土砂崩れの原因はメガソーラーはデマ!「県外からの産廃土砂のせい」

twitterで話題

静岡県熱海市伊豆山(いずさん)でおこった土砂災害。土砂災害の原因がメガソーラー(大規模ソーラーパネル)の建設によるものだという意見がTwitterで流れています。しかし、調べたところ、メガソーラーではなく県外からの産廃土砂が原因である可能性が浮上しました。

熱海土砂崩れの原因はメガソーラーはデマ!「産廃土砂のせい」

静岡県熱海市伊豆山(いずさん)で大規模な土砂災害が起こりました。

梅雨前線の影響で2日から関東や東海地方を中心に激しい雨が降り、静岡県熱海市伊豆山(いずさん)地区で3日午前10時半ごろ、大規模な土石流が発生した。県によると、多数の家屋が流されて約20人が安否不明になり、2人の女性の死亡が確認された。県などによると、亡くなった2人は伊豆山港で見つかった。引用:yahoo news

この土砂災害の原因として話題になっているのが、土砂崩れの発生元となっている熱海市伊豆山にあるメガソーラー(大規模ソーラーパネル)の存在。(土砂崩れの原因がメガソーラー説に関しては下にまとめています)

熱海土砂崩れの原因がメガソーラーではないかと言われていますが、現地住民からは「メガソーラー」が原因であるという意見に疑問を覚える声があがっています。

崩れたのはソーラーパネルの設置位置とは、数百メートルずれていて、県外から複数年に渡って運び込まれている産廃土砂が原因のように思われます。写真に写っているダンプカーたちが県外からの産廃業者です。
こちらが土石流のあった上流の現在の状況です。(現地民より)

実際にこのメガソーラーの施設に行く途中には実際に他県からの産廃が積みあがっている場所があることが分かりました。

熱海土砂崩れメガソーラーTwitter

太陽光パネルに行く途中の通路となっている箇所でしょうか?
砂防ダム上流の谷地を150高低さ50m程度の盛土の痕跡がありますよね???
実際の航空写真を確認してみると、確かにメガソーラーの付近に大規模な産廃場所があることがわかりました。

熱海土砂崩れメガソーラー画像

経過時間の割に水量が多いため、直近のメガソーラーの影響は少なそう。
もっと広範囲な地下水の流れが元々から存在したように思えます。岩戸山から谷沿いに集めた広い水脈。
問題は、その地下水の出口を廃棄土砂がせき止めていた可能性。もしも、そうだとすると地中に水がたまり土砂崩れの原因に。

熱海土砂崩れの原因は「メガソーラー」説

しかし、やはりメガソーラーの影響が無視できないのではないかという意見が多いのも事実です。確かに調べてみると、熱海で土砂崩れが発生した伊豆山の直下にはメガソーラーがありました。

atami dosyakuzure gazou

まさかと思うけど熱海伊豆山の土石流これが原因じゃないよな?まさかだよな??谷の流れから見て上流にここが当たってしまってる……

ビンゴだ。Yahooの航空写真だとソーラーパネルがある。
実際に、熱海のメガソーラーの場所のgoogle earthの画像をみると、メガソーラーの設置場所が開拓されています。
atami dosyasaigai douga
Google Earthの画像によると、あのメガソーラーの場所は2014年から2017年の間に切り開かれているので、やはりメガソーラーのために切り開かれたのかもしれませんね。(左の画像取得時が2014/4/7、右の画像取得時が2017/2/7とのことです。)

実はこの熱海のメガソーラーは設置以前から「土砂災害の原因になるのではないか」と近隣住民が反対していたことも分かりました。メガソーラーを設置するために多数の森林を伐採すれば地盤の保水力が低下してしまうためです。

土砂災害の原因となったのではと言われている熱海市伊豆山のメガソーラーの会社はどこなのか、調査しました。

熱海土砂崩れ原因メガソーラー会社①「ハンファエナジー」

まずツイッター上で話題にあがっているのが「ハンファエナジー」という会社です。こちら韓国が本社の会社ですが、「ハンファエナジージャパン」という日本の会社も存在します。

atami dosyasaigai megasolar kaisya

山林を切り刻んで建設される太陽光発電所の法外な利益は私たちの電気代に上乗せされています。#再エネ賦課金廃止 と #ハンファエナジー の伊豆高原からの撤退を強く求めます。#伊豆メガソーラーパーク #メガソーラー建設反対

ハンファエナジージャパンの口コミ欄には、メガソーラー建設段階の時から悪い口コミが多数寄せられている上に、今回の土砂崩れへの責任追及を求める意見もあります。

dosyakuzure kaisya tokutei

住民の意見を無視し、土砂災害の恐れのあるメガソーラー建設を強引に進めようとしている

伊豆山メガソーラー会社

伊東市で無謀な太陽光発電を建設しようとしてる会社です。

熱海伊豆山ソーラーパネル会社

熱海の土砂崩れの責任を徹底追求すべき。
すぐに会見を行って下さい。

熱海土砂崩れ原因メガソーラー会社②「エコロジック」

熱海の土砂崩れの原因のメガソーラー会社として韓国系のハンファエナジー以外にも名前があがっている会社がTwitter上にありました。「ECO LOGIC 」とい会社です。

atami saigai solar kaisya

熱海のメガソーラーに関してはこの企業が請け負ったのだろうけど、それ以外の情報が全然出てこなくって困る~

実際に、こちらエコロジックという会社は産業用太陽光発電システムの会社でいわゆるメガソーラーを取り扱っています。

izusan dosyakuzure basyo

さらに、エコロジックの会社のブログを調査したところ、メガソーラー予定地として熱海を視察している内容が出てきました。

izusan dosyasaigai basyo

1月13日に2メガで計画している熱海の現場を見に行ってきました!(^^)!
日当たり良好でいい感じでしたよ~( ^^) _U~~
海が綺麗で景観もサイコー✌
みゆきち BLOG

コメント

  1. メガソーラーの位置は土佐崩れの沢とは尾根を挟んで反対なので、直接の原因ではないと思います。
    原因は盛土の崩壊です。
    その盛土がメガソーラーの場所への連絡道路の為の造成であれば、間接的には原因ですが。
    沢の上部にあった大規模盛土が崩れたようです。
    盛土は相当に完璧な水抜をしなければ危険なのは土木技術者なら皆わかっています。
    施工会社は基準を守って施工すれば罪にはなりませんが、最近の降雨量ではそもそも基準が甘くなっているとも言えます。
    もちろん水抜方法などに手抜きがあれば施工会社の責任です。

  2. 産廃が原因と断言したおられるようですけど、その根拠はなんですか?
    他の動画で崩落した地点の画像を見ましたがメガソーラーのすぐ横の盛土が崩落したようですけど。
    このページの一番はじめの画像の崩落地点を示したオレンジの囲みは本来の崩落地点より随分下に描いてあって何やら恣意的なものを感じます。

  3. メガソーラー作る為に作業車用の道路の為に埋め立てた盛土が原因と川勝知事が公式発言したが?聞いてる?見てる?
    原因 メガソーラー開発に伴った不正に形成された盛土です。
    以上、関連会社は多額の賠償と責任を背負っていくだろうな