twitterで話題

望月める死亡はデマ!長野に隠居「みょるどぶるーの自作自演か」目撃情報まとめ

twitterで話題

炎上系アイドルの望月メル(もちめる)が死去していたという発表がありました。モデルプレスの独自取材でも望月める死亡が発表され、ネットニュースで望月めるへの追悼コメントが多く寄せられています。しかし、Twitter上では望月めるを実家の長野で目撃したという情報が多数。望月める死亡デマを深堀りします。

望月めるマネージャーパワハラLINE

望月める死亡はデマ!「ニュース報道の違和感」

望月めるの死亡が報じられましたが、何故かもちめるの目撃情報が多数Twitter上にはあがっています。そのため望月メルは本当に死んでいるのかと今でも真実を追い求めるファンが絶えません。

望月めるは死亡したというネットニュース報道がされているから「真実だ」と受け止めているファンもいますが、実はそのネットニュースにも違和感を覚えてしまいます。

まず、望月めるの死亡を独自取材で最初に伝えたモデルプレスのニュースがこちらです。

アイドルの望月めるさんが昨年冬に亡くなっていたことが、モデルプレス編集部の取材でわかった。引用:モデルプレス

まず、気になるのが、望月めるが亡くなったとする日時があまりにも不透明なこと。命日まで明かさないにしても、通常なら「〇月」というもう少し踏み込んんだ標記をするのが報道の通例です。

21日、「望月める(家族)」名義のTwitterアカウントにて、親族が「望月めるの家族です。2020年冬に望月めるが永眠しました」と望月さんが亡くなっていたことを報告。「親しくしていただいた方、支えていただいた皆様、ありがとうございました」とファンへの感謝の言葉もつづった。

しかしアカウント自体が、なりすましや偽物ではないかとの議論がTwitterで活発となり、様々な憶測があがっていた。

これを受け、オーディションプロジェクト「ミスiD」編集者の小林司氏はTwitterで「ご家族のツイート通り、望月めるさんが逝去されました。心よりお悔やみ申し上げます」と追悼コメントを掲載。引用:モデルプレス

Twitterのアカウントも家族(望月めるの家族は祖母と不仲な父親のみ)が運用したというのは考えにくいですし、実際にTwitterは事務所が管理していたという証拠画像もでています。

さらに、これを皮切りに望月めるの死亡報道がなされたものの、何故か、望月めるの本名(三崎 千波:みさきちなみ)の名前を同時に報道したニュースサイトが一件もありませんでした。

通常、芸能活動をしている人間であれば、死去に際して、芸名とともに本名が併記される、また死因について報道されることが一般的です。芸能人の死去報道で本名が明らかになることもよくあります。

motidukimeru mokugekijyouhou nagano

ニュースサイトが報じているのはあくまで「望月める」のこと。そのため望月める(三崎 千波:みさきちなみ)の死亡に関しては、確固たる証拠も存在しないのが現在の状況です。

motidukimeru mokugekijyouhou nagano

しかも、望月めるを目撃したというTwitter情報は多数あるにも関わらず、祭壇の写真や望月めるの葬儀にいったというTwitter情報は一件もないのです。関係者自身が家族のツイッターで望月める死亡の事実を知ったということも違和感しかありません。

望月めるは実家長野から単身で上京し、活動しており母は死去・父子家庭です。そしてその父親とも関係が良好ではありません。もし、望月めるが実際に死亡していて連絡が取れなくなっていたのなら、所属事務所が真っ先にその情報を得ているはずですし、解雇通告があっていてもおかしくないのです。

望月める死にたいと吐露していた

望月めるの死亡はデマ!「12月以降も仕事していた」

望月めるが実際に亡くなったのは何月何日であるのか公式な発表がないため、わかっていません。「冬」というあいまいな季節だけです。

望月めるのツイッターの最終更新は、12月4日。望月めるのインスタの最終更新は12月1日です。

そのため、望月めるのファンの間では12月中に望月めるが亡くなったのではないかと憶測がたてられています。

しかし、1月や2月にPR案件をうけていた望月める。脱毛サロンのPR案件は1/23にインスタに投稿がされています。

motidukimeru mokugekijyouhou nagano

1月には望月めるのプライベート画像も流出しています。

motidukimeru mokugekijyouhou nagano

さらに、2月には新規オープンするメイドカフェのPR案件にゲストとして登場。

motidukimeru mokugekijyouhou nagano

2月まで生きていたのなら、3月は冬???もう春じゃないかと困惑する望月めるファン。

望月める母親が20代で死去した理由

望月める「過去にもフェイク死亡騒動」

さらに、望月めるの死去報道が信ぴょう性が得られない原因としては、過去にもフェイクで何度か死亡騒動を起こしていたということも関係します。

motidukimeru mokugekijyouhou nagano

もともと、メンヘラだった望月める。これまでも「望月める」というキャラクターの死去に関しては本人が何度も言及しファンに心配をかけています。

整形する人は整形しない人に比べ、自己肯定感が低く(そもそも私の顔でここが悪い・・・と受け入れられていない)、自傷行為や虚言癖が多くみられるのも医療業界では通説です。

望月める三角関係に悩んでいた

望月める「自殺を伝えたみょるどぶるーが死亡」

また、望月めるの死亡に際していち早くその真実を伝えたツイッターアカウント「みょるどぶるー」ですが、そのツイッターの内容を見てみると、「みょるどぶるー」自身が死亡しているという不可解な事態。

みょるどぶるーがツイッターに掲載した「望月めるについて」の内容は、誰によってかかれたものなのかが分からないのが現状です。

motidukimeru mokugekijyouhou nagano今回は望月メルの情報となります。かつて多くのファンに慕われていた望月メルでしたが、2020年に起きた複数の事件を機に風向きが変わってしまったことはご存じの方も多いかと思います。具体的に上げると、中高生のフォローワーを多く抱え、未成年に影響力のある立場ながら、売春の温床になっているパパ活アプリの広告を行った事、fenciというファンクラブにおいてコンテンツの更新がなかったにも関わらず、月額課金が行われ、それに対して返金などの対応をしなかったこと、そういったことに対するクレームに対してブロックを行った事。

こういった行為に対して、彼女(望月メル)のアンチアカウントが批判を行ったことをきっかけとして、SNS上で望月めるに非難が集中し、彼女が何をやっても叩かれるという譲許になっていました。みょるどぶるーは元々、望月めるに空気の読めないいじりをしたことがきっかけで晒され、望月めるのファンに叩かれた過去がありました。そういった関係ではありましたが、望月めるさんがネット上で異常に叩かれていた状況をみて、彼女の相談にのっていたそうです。

SNS上でに望月めるについての批判は、事実と異なっていたものが多かったようです。後述する彼女の批判を先導していたアンチのアカウントも実際は私怨で彼女を攻撃していました。

みょるどぶるーは、こういった状況に個人的に腹を立て、望月めるから話を聞いた上で、知人の週刊誌の記者と引き合わせて、彼女が一方的に非難されている状況をひっくり返そうとしていました。当時は私も彼からその話を聞き、相談にのっていました。

しかし、志半ばで彼は亡くなってしまい、彼女に関する真実は現在に至っても表には出ていません。私は以前からみょるどぶるーに望月めるの話を聞いていましたが、今回彼から預かったデータを証拠として、ここに公開させていただきます。

 

 

志半ばで何故か亡くなったと書かれているみょるどぶるー。これをまとめた人間がみょるどぶるーのツイッター垢を使っている友人と言う事なのでしょうか。この文面、とても丁寧に冷静に書かれていることはお分かりいただけると思います。しかし、この文章とはどう考えても同一人物とは考えられない、みょるどぶるーのTwitter投稿がその後も続くのです。

みょるどぶるーのTwitter垢は、望月めるが亡くなったという報道がされたわずか次の日にはどうどうとこんな投稿をしているのです。

明日世界が滅ぶならしたいこと
・シ〇ブ
・コカ〇ン
・JCとセ〇クス(中出し)
・レ〇プ(中出し)
・連絡返さない女の家押し入ってセ〇クス(中出し)
・消費者金融回って限度額借りる
・我慢して付き合ってた人間に電話かけて暴言吐く
・嫌いな人間の情報全部公開する
・好きな人に好きだと伝える

更に、望月める死亡を取り上げたコレコレ配信では、出演を拒否しているということも信ぴょう性に欠けます。

僕みたいな底辺陰キャキモブスIQ42ガリガリ新聞配達手取り16万築40年木造アパート暮らしの雑魚がコレコレさんのような素晴らしい方と関わらせて頂くのは申し訳なさすぎるので、ご遠慮させてくださいm(_ _)m

望月める「長野で目撃情報」

望月めるの実家長野での目撃情報が多数あがっています。

望月めるは死んでないよ

だって4日前バーにいたのに笑
なんなら今もLINEかえってくるし

あれは望月めるを殺しただけな

今は普通に隠居する方向

motidukimeru mokugekijyouhou nagano

motidukimeru mokugekijyouhou nagano

motidukimeru mokugekijyouhou nagano

望月めるステマ騒動概要

みゆきち BLOG

コメント