×
twitterで話題

STICKY死因は自殺か!SCARSの誰が原因?「金もなかった」

twitterで話題

人気ヒップホップグループSCARSのラッパーのSTICKY(スティッキー・本名松本恭平)が40歳で自殺していたことが分かりました。STICKYの自殺の原因と考えられる人間関係のトラブルと金銭面の問題について調べました。

STICKY(松本恭平)の死因は自殺

ラッパーのSTICKYが40歳で自殺していたことが分かり、ツイッターで話題になっています。

STICKYというラッパーを知らない方もいると思うので簡単にお伝えすると、STICKYはSCARS(スカーズ)という2003年頃に結成された7人のMC(ラッパー)と2人のトラックメイカー(音楽担当)からなる日本のヒップホップユニットに属するラッパーです。

通常、ラッパーは本名で活動することはなく、芸名のような「ラッパーネーム・MCネーム」というもので活動します。STICKYの場合は、本名は松本恭平というラッパーです。

STICKY kaogazou

STICKYが40歳という若さでこの世を去ったことが、音楽ナタリーにより報じられました。

SCARSのSTICKYが亡くなったことがわかった。

A-THUG、SEEDA、BES、bay4kらが名を連ねるSCARSの主要メンバーであるSTICKY。彼の死はA-THUGやbay4kらがTwitterアカウントで投稿した追悼のメッセージにより明らかになったもので、音楽ナタリーでは関係者に取材し、STICKYの死が事実であることを確認した。引用:音楽ナタリー

STICKYの死因については、報道されていないもののSTICKYがした最後のツイッターが意味深であり、死因は自殺とみられています。STICKYのツイッターはこちらです。

人間関係に疲れたわっ

人のコトを考えられないヤツが オレの周りには多すぎる 自分だけって考え方は ホントに1人ぼっちの考えだ オレはそこには居ない

追い込まれた時に 人の本性は出る!

誰が喜んでタダ働きするの? そんなお人好し居るの?

これはすべて1月12日の同日のSTICKYの投稿。わかるのはSTICKYに近しい人間との人間関係に悩んでいたこと、そして「タダ働きするの?」という言葉から金銭的な面でも困窮していたことがわかります。

この投稿の次の日の1月13日には、SCARSのメンバーでリーダーであるA-THUG(エーサグ)がツイッターでSTICKYの死を知ったとみられる投稿をしています。

今日は悲しい日に

画像

「Rip my homie」画像は「私の相棒よ、安らかに眠れ」という意味です。STICKYに捧げた言葉であることがわかります。

人間関係と困窮という二つの原因がSTICKYを自殺へと追い込んだものとみられますが、その詳細について深堀りしていきます。

横浜成人席DQN男の名前特定はこちら

横浜リンチ事件の「鶴見家族」高校生特定はこちら

STICKY(スティッキー)を自殺に追い込んだSCARSのメンバーは誰?

まず、STICKYに最も近い人間と言えばSCARSのメンバーであることは間違いありません。SCARSのメンバーは、STICKYを除いてSEEDA(シーダ)、BES(ベス)、A-THUG(エイサグ)、bay4k(ベイフォーケー)、MANNY(マニー)、林鷹(ハヤシタカ)、SAC(サック)の7人です。

まず真っ先にSTICKYとの人間関係が悪いということで思い浮かんだのは、bay4k。STICKYとbay4kは2008年のNEXT EPISODEというアルバムを作成の際に「不仲」であることをリリック(歌詞)で露呈していました。

しかし、bay4kのツイートには12/26に行ったライブでSTICKYと共演をしていることや、STICKYが亡くなったことに対するかなりのツイート、リツイートの数。

https://twitter.com/bay4k_2408/status/1349651628970819585?s=20

STICKYとbay4kが不仲だった以前のことは、もう水に流れているようです。

そういう意味でくまなくメンバーのツイッターやSNSを確認していると、気になった人物がいました。それはSEEDAです。

STICKYは12/26のライブについてツイートする際にSEEDAについて触れています。

先に言っとくけど
seedaは来ないよ。

また、SEEDA自身はSTICKYの死について不自然なほど何も触れていません。他のSCARSのメンバーが触れる中であえてなのでしょうか。

追記)SEEDAもツイッターでSTICKYについて触れました。

そうなると、SCARS間に大きなトラブルは今のところ確証があるものが見つかりません。やはり金銭面の問題が自殺の原因であるということでしょうか?

横浜成人席DQN男の名前特定はこちら

横浜リンチ事件の「鶴見家族」高校生特定はこちら

STICKY生活にかなり貧困していた

STICKYの貧困ぶりというのは実は他メンバーと比較しても明らかです。STICKYのツイートにSCARSのグッズを販売しているツイートがありました。

どっかのHIPHOPチャンネルで ネタにしてくれないかなーー?というコメントからは、6000円のキャップが売れることを切に願っていることが伝わってきます。

他メンバーは特にグッズの売り込みをしているツイートはなくSTICKYだけなのです。

コロナ渦でライブがほとんどできなくなっていた音楽業界。ライブしても観客を満員にいれてしまうことが難しく、ライブハウスの賃貸料だけでもかなりのお金がかかってしまう状態です。

仕方なく、SCARSの12/26のライブではかなりの観客をいれていたことが分かる映像を入手しています。

SCARSが日本を代表するヒップホップユニットであるにもかかわらず、なぜそのメンバーのSTICKYが困窮していたかというと、彼らが「インディーズ」だからです。

インディーズの活動をしているミュージシャンの売り上げは主に三つしかありません。

  • ライブでのチケットの売上。
  • イベントに参加した時のギャラ。
  • CDやグッズなどの物販収入。

つまり、コロナ渦でライブやイベントがない状態が続き、物販をするも8人グループのSCARSで売り上げを分け合ったところで、そんな大金にはならないのです。

では、SCARSのメンバーはどうやって収益をあげていたかというと、A-THUGはYou Tubeチャンネルを持っていてそこで活動しています。bay4k1は起業しています。SEEDAは楽曲をSportifyでサブスク配信しています。

それ以外のメンバーも個々の領域で試行錯誤するなか、STICKYはどうして活動の幅を広げることができなかったのでしょうか?

横浜成人席DQN男の名前特定はこちら

横浜リンチ事件の「鶴見家族」高校生特定はこちら

STICKY不器用すぎる音楽愛

STICKYが非常に個性があり表現力のある素晴らしいラッパーであることは間違いありません。しかし、STICKYはSCARSの中だからこそ輝いていた存在です。つまり、ソロとしてラッパー活動するには不向きという専門家の意見がありました。

sticky kaogazou

STICKYが作成した唯一のソロアルバム「Where’s My Money」では以下のような評価が聞かれます。

STICKYはのっそりとビートに言葉を乗せるそのスタイルは決して派手では無いが、
SCARSではキレキレフロウのSEEDAやI-DeAらの刺激的なプロダクションと秀逸な絡みを見せ、
グループ内のスパイスとしての役割を担っていた。
とは言え流石にソロアルバムで彼のラップをひたすら聴くのはダレそうな所だが、フックを中心に大量に配置した客演ラッパーと
優秀なトラックメイカー陣によってかなりのテコ入れがされた本作は、さほど退屈せず聴ける1枚になっている。
周りに有能なアーティストがたくさんいてホント良かったねという感じだ。
STICKY自身もよくそれをわかっていたため、それ以降のソロ活動はかなり限られたものでした。
それならそうと、You Tubeや全く別の事業に乗り出すのが普通ですが、音楽で自分を表現すること以外考えられないSTICKY。結果として、コロナで貧困に陥ってしまい、インディーズのレーベルに訴えたのでしょう。
「CDも物販したい」と。しかし、どこの音楽業界も厳しい状況で、メジャーでもないインディーズの会社ではそれをやってもどうせタダ働きと同じという状況だといわれ、もめてしまった。
STICKYのソロアルバム「LOST」ではこんな歌詞があります。
WEED買い過ぎて金無くなる
HIGHになり過ぎて記憶失う
勘ぐり過ぎて我を失う
イキがり過ぎて居場所失う
気にし過ぎ信用失う
見え過ぎて希望失う
追い過ぎ自分見失う
まさに希望を負いすぎ、自分を失ってしまったSTICKY。天国で思う存分ラップを楽しんでいることでしょう。
みゆきち BLOG

コメント