twitterで話題

立川殺人事件「ホテルシティの監視カメラに凶器をもった犯人」親友裏切りの三角関係

twitterで話題

東京立川ルミネ付近のホテル「HOTEL CITY」で男女二人が血を流しているのが見つかり、犯人の男性が逃走するという事件が起こりました。犯人の監視カメラ映像、動機などを調査しました。

立川のホテル「HOTEL CITY」で殺人事件【概要】

東京立川ルミネ付近のホテル「HOTEL CITY」で男女二人が血を流しているのが見つかり、犯人の男性が逃走するという事件が起こりました。

1日午後、東京・立川市のホテルで20代の男女が血を流して倒れているのが見つかりました。このうち女性は意識不明の重体で、警視庁は事件の可能性もあるとみて調べています。

警視庁によりますと、1日午後4時前、立川市曙町のホテルで男性から「刺されたから助けてくれ、死にたくない」と通報がありました。

警察官がかけつけると、ホテルの5階で20代とみられる男女が血を流して倒れているのがみつかりました。2人は病院に搬送されましたが、男性は腹に刺し傷があるものの意識はあり、女性は複数か所を刺されて意識不明の重体だということです。

捜査関係者によりますと、現場から男が逃げたという情報もあるということです。

現場は、JR立川駅から北東におよそ300メートルの場所で、警視庁は事件の可能性もあるとみて調べています。引用:yahooニュース

現場となった立川ルミネ付近のホテルは「HOTEL CITY(ホテルシティー)」であることが特定されています。

〒190-0012 東京都立川市曙町2丁目21−15 ホテルシティ

価格は、休憩料金は4200円~5500円前後、宿泊料金は6500円~10000円弱ぐらいとリーズナブルな料金設定が人気のホテルです。

立川ホテル殺人事件に対するネットの反応

え、立川で殺人事件だって
え、怖い怖い怖い怖い怖い怖い
犯人捕まってないじゃん
え、怖い

立川で殺人事件か…曙町って事はまああの辺だね…

勤務おわり
立川で殺人事件とかやめてくれよほんと

立川で女を滅多刺しの殺人事件起きてまだ逃走中らしい。それでパトカーがうるさいのか。

立川のホテルでの殺人事件のニュース見たとき
何故かめっちゃ血の気引いた…
怖かった…

立川の殺人事件の犯人バッチリ防犯カメラに映ってるじゃないか!
早く捕まってほしいな…昔使ったよなあのラ〇ホ

立川殺人事件の犯人特徴

立川殺人事件の殺人未遂してホテルシティーを逃走した犯人は、未だ逮捕されておらず現在も逃げ続けています。立川殺人事件の犯人の特徴を確認しておきましょう。

  • 黒い上下の衣服
  • 黒いリュック
  • マスク

過去に逃走した犯人で上下黒い衣服の若い男性といえば、樋田淳也(ひだじゅんや)がいました。立川殺人事件の殺人未遂してホテルシティーを逃走した犯人も樋田淳也(ひだじゅんや)のようなイメージではないでしょうか。

tachikawa hannin kaogazou

立川殺人事件防犯カメラ映像

立川殺人事件の防犯カメラ映像に事件当時の手掛かりがありました。

捜査本部によると、ホテル内の防犯カメラには、逃走した男性が部屋に入った後、女性が入室する姿が映っていた。2人は初対面だったとみられる。その後、部屋から出てきた男性が、廊下で鉢合わせした被害男性を刃物で刺す姿も記録されていた。女性が電話で勤務先の被害男性に助けを求めたとみられる。引用:毎日新聞

立川殺人事件の殺人未遂してホテルシティーを逃走した犯人と女性は初対面だったように見えたようですが、不意に立川殺人事件の殺人未遂してホテルシティーを逃走した犯人が部屋を訪問しており驚いていたのがそういう風に見えたという可能性もあるでしょう。

しかし、この防犯カメラ映像がこの立川殺人事件を解決させる重要なカギであることは間違いありません。過去にも防犯カメラ映像をもとに若い男女3人がかかわる殺人事件を解決に導いた例がありました。

凶器をもった犯人が防犯カメラ映像に映りこんだという事例は特に逮捕の決め手になっています。

店に押し入る前に自滅した、アホすぎる2人組の泥棒。上海警察が防犯カメラ映像を公開 - 小太郎ぶろぐ

守屋径(もりやこみち)さんを殺害した19歳少年も防犯カメラ映像に凶器を持って映り込んでいるかもしれません。

立川殺人事件の犯人と被害者「親友裏切り三角関係」

立川殺人事件の犯人と被害者はどういう関係だったのでしょうか。

20代の男性2人女性1人がからんだ立川事件。三角関係があったことは容易に想像できます。過去にも同様の事件がいくつかあり「奇跡体験!アンビリバボー」でも紹介されていました。

犯人Aと被害者男性Bは思春期からの大親友。犯人Aはかつて被害女性Cと交際していました。被害男性Bはそれを知っていましたし、二人を応援している関係。

犯人Aと被害女性Cの交際はもともと順調でしたが、犯人Aの就職を機に遠距離恋愛に。

一方、同じ地元に残っていた被害男性Bと被害女性Cは相談や雑談をするうちに、ダメだとわかっていながら深い関係になります。

次第に犯人Aと被害女性Cの間に溝ができてしまい、被害女性Cから別れを切り出します。

被害女性Cに対して「待ってほしい」「考え直してほしい」と必死に連絡をする犯人A。そのため、実際に会って話をすることにした被害女性Cですが、その際に被害女性Cと被害男性Bが密会している証拠写真を突き付けられてしまいます。

強い憎悪を滲ませる犯人Aに観念して、浮気の事実を認め謝罪しましたが、犯人Aはどうしても許すことができません。信じていた親友に彼女を寝取られもう誰も信じることができなくなった立川殺人事件の殺人未遂してホテルシティーを逃走した犯人。

みゆきち BLOG

コメント