渡辺果菜

渡辺果菜(かな)顔画像・Facebook特定!「孤独な美人ママ」群馬・熱湯虐待

渡辺果菜

1歳5か月の長女に熱湯を一分かけやけどを負わせた渡辺果菜(わたなべかな)の顔画像・Facebookを特定しました。渡辺果菜容疑者は美人であることがわかりました。渡辺香奈容疑者のプライベートを調査すると友人関係が少ないことも判明しました。

渡辺果菜(かな)顔画像・Facebook

1歳5か月の長女に熱湯を一分かけやけどを負わせた渡辺果菜(わたなべかな)の顔画像は現在公開されていません。

渡辺果菜の顔画像を特定するために、渡辺果菜のFacebookを調査しました。渡辺果菜の実名から考えられる「渡辺果菜」「わたなべかな」「watanabekana」などの名前をFacebookの検索窓に入力していきます。

渡辺果菜という名前は「果菜」の漢字が多くないこともあり、フェイスブックでヒットしたのは、2件のFacebookアカウントのみ。

watanabekana kaogazou

そのどちらかのFacebookアカウントが渡辺果菜のものなのでしょうか?

一件目の渡辺果菜のFacebookアカウントをみてみると、友人が「群馬県」在住、また渡辺果菜容疑者の住んでいる高崎市の友人もいました。

このFacebookアカウントが渡辺果菜容疑者本人のものの可能性が高いですが、まだ報道で顔画像が特定されていないため、モザイク処理をほどこしています。

watanabekana kaogazou

加工アプリのSNOWの画像がFacebookのプロフィール画像になっているこのFacebookアカウント。年齢も20代にみえ、渡辺果菜容疑者の報道の「25歳」とも合致します。

このFacebookアカウントの顔画像が渡辺果菜本人であるなら、渡辺果菜の顔画像はかなりの美人です。

watanabekana kaogazou

センター分けの茶髪にロングの髪、目はパッチリと二重で、ぽってりとした唇が印象的。芸能人で言えば、入山杏奈(いりやまあんな)さんに似ています。

watanabekana kaogazou

watanabekana kaogazou

watanabekana kaogazou

渡辺果菜熱湯虐待事件【概要】

渡辺果菜が長女に熱湯をかけ虐待していた事件の概要はこちらです。

群馬県警高崎署は4日、1歳5カ月の長女の手に熱湯をかけ、やけどを負わせたとして、傷害の疑いで、同県高崎市の無職渡辺果菜容疑者(25)を逮捕した。「泣きやまないことに腹を立てた」と容疑を認め、熱湯を約1分間かけ続けたとも供述している。長女の体の状態などから日常的な虐待があったとみて捜査する。

逮捕容疑は3日正午ごろ、自宅台所で電気ポットの熱湯を長女の左手にかけ、やけどを負わせた疑い。

同署によると、長女は軽傷。高崎市内の病院からの情報を基に、市こども救援センターが4日午前、「やけどや青あざがあり、虐待の可能性がある」と通報した。引用yahooニュース

わたなべかなに対するネットの声

1歳5か月の長女に1分も熱湯をかけた渡辺果菜に対してネットでは様々な怒りの声がありました。

1分!
一瞬お味噌汁に指が浸かっただけでも水膨れになって氷を当ててないとズキズキして仕事にならなかったのに、1分って!
カッとなって5つ数えて冷静になろうなんて聞くけど、1分熱湯をかけ続けられるのは異常。
お母さんにも治療が必要だと思う。
咄嗟にイラッとしてしまうことは子育てをする親なら誰でも理解できるが、
それで一線を越えてしまうなら子どもを産まない方がよい。今回は火傷で済んだのかもしれないが、殺していた可能性も十分ある。親は子どもを作らない選択肢はあるが、子どもには親を選ぶことはできない。。
それにしても1分熱湯を掛け続けるって?狂気の沙汰としか思えないな。
想像しただけでも、震えます。跡残らなければいいけど。電子レンジでチンしたカレーを子供が誤ってこぼして胸に少しあたっただけで、レベル2のやけどで毎日通院。将来、跡が残るかもと言われたので、1分とか怖いです。
いつも思うけど何で子供の体に当たるかな。
自分でイライラしたなら自分に当たればいいし
自分の気持ちは自分で解決しなよ。
一歳ちょっとでしょう。話せないから泣くんだし
気持ち汲みとる努力しなよ。
あなたは生まれてから何十年生きてるんですか?
子供は生まれて一年ちょっとですよ。
っていつも思うけどね。

渡辺果菜容疑者「友人少ない美人ママ」

渡辺果菜容疑者のFacebookをみてみると、友人はたった数人でした。ここまで美人であれば普通は高校や中学校でもクラスの輪で目立つ存在で友人は多くなりそうですが、渡辺果菜容疑者は内気な性格だったのか、もしくは高校生まではブスで社会人デビューだったのかもしれません。

育児で相談する人もいなく、娘に対して熱湯をかけてしまったのでしょう。

渡辺果菜のFacebookで友達となっている友人に話を聞くことができました。

かなは昔は内気で地味な感じでした。最近は垢ぬけたけど・・・。ちょっと抱え込む感じのとこはあったかな。友人関係は広く浅くというよりは、深くって感じだから色々話してくれたらよかったと思いました。あんなにかわいいけど、性格はすごく優しくておとなしくていい子だから事件はびっくりしました。
幸い渡辺果菜の長女はやけどを負ってはいるものの大事には至らなかずすんでいます。しかし、普段は優しくておとなしかった渡辺果菜容疑者が虐待行為に走らざるを得なかったその背景が気になります。

渡辺果菜容疑者夫とは内縁関係「毎晩喘ぎ声」

渡辺果菜容疑者ですがFacebookの調査で渡辺果菜容疑者の友人と接触した際に気になる点がありました。報道で渡辺果菜容疑者の名前が報道された際に、すぐに渡辺果菜容疑者のFacebookがなぜ特定できたのか。
それは、渡辺果菜容疑者が旧姓のままだったためです。結婚すると、名字が変わることが多い女性は通常Facebookが特定しにくいのですが、渡辺果菜容疑者は名字が変わっていません。
渡辺果菜容疑者が実質的にFacebookを利用していたのは、5年ほど前までですので、結婚してから渡辺果菜容疑者がFacebookアカウントを作成し利用していたというのは考えにくいです。渡辺果菜容疑者はまだ25歳という年齢ですので、結婚してから新規でアカウントを作るとしてもFacebookよりは通常はTwitterやインスタなどのSNSを利用するのが自然です。
つまり、渡辺果菜容疑者とその子供の父親である男性が内縁関係であったということが分かってきます。
内縁関係の父親と共謀して娘にやけどを負わせた犯人として、過去に藤本彩香容疑者がいました。藤本彩香容疑者も渡辺果菜容疑者同様に綺麗で内縁の夫がいました。藤本彩香容疑者も普段はおとなしく子煩悩な一面を見せており、当時藤本彩香を知る友人は下記のように証言しています。
「羽月ちゃんは目がクリッとしたかわいい子。お化粧に興味を示し、彩香は“一緒にやろうね”って爪をかわいく塗ってあげていた。子煩悩というよりも“子ども命”。事件はどうしても考えられない。二重人格だったのかなと思ってしまう」(前出の知人女性)引用:週刊女性プライム
watanabekana kaogazou
watanabekana kaogazou
watanabekana kaogazou
しかし、メンヘラで恋愛体質だった藤本彩香。男性の心を射止めておくためでしょうか。毎晩のように喘ぎ声がアパートの部屋からは漏れていたことを近隣住民が証言していました。
渡辺果菜容疑者も藤本彩香のように出産後ようやく落ち着いてきたので、内縁夫と毎日肉体関係をもち、子供が邪魔になったと感じるようになっていたのかもしれません。
みゆきち BLOG

コメント