アンネルベットとシモンズマットレスの違いを5項目で徹底比較!どっちがいい?

annelbed-simmonsマットレス

この記事では、アンネルベッドとシモンズを比較しています!

結論から申しますと、最高級のコイルであるピアノ線を使用しているのに価格がお手頃でコスパ最強のアンネルベッドがおすすめです!

アンネルベッドを購入したいという方は、下記の販売サイトを、アンネルベッドとシモンズの違いや共通点を知りたいという方は、この記事を読み進めて下さいね!

アンネルベットとシモンズマットレスの違いを5項目で徹底比較!

アンネルベッドシモンズ
①価格安い高い
②コイルの素材ピアノ線超硬鋼線
③コイルの配列各種あり新並行配列のみ
④ショールーム・店舗少なめ多い
⑤衛生マットレス×

アンネルベッドとシモンズマットレスの違いを5項目で比較しました!

アンネルベッドは、知名度は高くありませんが、ピアノ線を使用した最高級のポケットコイルマットレスを作っているメーカーです。

シモンズは、有名老舗マットレスブランドですが、特に独自のコイル配列が特徴の一つです。

それぞれの違いについて詳しく見ていきましょう!

比較①:価格が安いのはアンネルベッド

アンネルベッドは、シモンズベッドに比較して価格が半額ほどと安いです!

安いからアンネルベッドが粗悪な素材を使用しているかというと全く違います!

アンネルベッドとシモンズの価格差の原因は、実はライセンス料なんです。

シモンズベッドは、もともと海外の老舗ブランドのため、日本で販売するために高額なライセンス料の支払いが必要です。

「シモンズ」という名前やブランドロゴにはそれだけ、信頼と安心がありますので、その名前だけでマットレスは売れるのも事実なんですね・・・。

そのため、適切なライセンス料かもしれませんが、その上乗せが価格に反映されています。

コスパの良いマットレスが良いという方は、アンネルベッドの方が向いているでしょう。

比較②:アンネルベッドのコイル素材はピアノ線

ピアノ線鋼線
JIS基準クリア×
へたりにくさ
体圧分散性

ポケットコイルマットレスの一般的な素材は、シモンズに使用されている「鋼線」になります。

シモンズは、鋼線の中でも「超硬鋼線」と言われる優良なコイルを使用しています。

一方で、アンネルベッドのコイルに使われているのは、ピアノ線です。

ピアノ線と鋼線は、見た目では区別がつきませんが、ピアノ線と鋼線の違いを、上の表にまとめました。

ピアノ線材にはJIS規格により基準が定められているため、不純物や介在物が硬鋼線よりも厳しい規格が用いられています。

表面のキズの深さなどについては、硬鋼線には規格がありませんが、ピアノ線では規格化されチェックされているんですよ。

また、ピアノ線は硬鋼線に比べ引っ張り強さ、ねじり強さが圧倒的に優れ、人の動きに合わせて快適な姿勢を支えるマットレス用バネ材として、理想的な品質と性能を持っています。

ピアノ線のマットレスは、アンネルベッドしかありませんので、ぜひアンネルベッドをチェックしてみてくださいね!

比較③:シモンズのコイルは新並行配列のみ

アンネルベッドシモンズ
コイル配列並行配列
交互配列
サイド補強
ゾーン配列
新並行配列

マットレスには、様々なコイルの配列があります。

アンネルベッドは、多数の配列がありますが、シモンズの場合は独自の新並行配列というもののみになっています。(一般的な並行配列よりも細かい並行配列ですが、特段他の配列と比べて優れているというものではありません。)

コイルの配列は、どれがいい!というものではなく、好みの寝心地や背骨の角度や体重、腰痛の有無によっても合っているコイルの配列は異なってきます。

一般的には、並行配列が柔らかめの寝心地、交互配列は硬めの寝心地、サイド補強があるとへたりにくい、ゾーン配列は腰が沈みやすいなどの悩みがある方に向いています。

シモンズの場合は、コイルの配列が選ぶことはできませんので、注意しましょう。

\衛生マットレスで安心!/

比較④:ショールームや店舗が多いのはシモンズ

アンネルベッドシモンズ
ショールーム広島のみ全国14か所
店舗家具屋やインテリアショップナフコやデパートでも可能

ショールームや店舗が多いのは、シモンズです。

アンネルベッドは、ショールームは本社のある広島県のみです。

一方で、シモンズは、全国14か所(東京、大阪、京都、福岡、名古屋、札幌、広島、静岡、岡山、長野、仙台、北関東、北陸、新潟)にショールームがあります。

アンネルベッドは、家具屋やインテリアショップにありますが、ショップリストを公開していませんので、予め問い合わせすることがおすすめです!

私は、近隣の家具屋さんで購入しました!

シモンズは、ナフコやデパートなど多数の店舗で取り扱いがありますよ!(https://www.simmons.co.jp/store/list)

>アンネルベッドの私の口コミ記事はこちら!

比較⑤:衛生マットレスはアンネルベッド

衛生マットレスとは、全日本ベッド工業会が認めている基準をクリアしたマットレスのことです。

衛生マットレスは、①低ホルムアルデヒドであること、②抗菌防臭加工をしていることが基準として定められています。

アンネルベッドは、この衛生マットレスの厳しい基準を満たしており、体にも優しいマットレスですよ!

ホルムアルデヒドは、シックハウス症候群や小児のアレルギー疾患の原因になります。

また、抗菌防臭加工により、匂いの原因となる黄色ブドウ球菌の増殖を抑えることができるんですよ!

アレルギー疾患のある方や、小さな子供がいるという方は積極的に衛生マットレスを選びましょう!

アンネルベッドとシモンズマットレスの3つの共通点

  1. 取り扱いマットレスが多い
  2. 日本製の最高級マットレス
  3. 耐久性が高い

アンネルベッドとシモンズマットレスは、違いもありますが上記のような共通点もあります!

そのため、価格帯は異なりますが、よく比較されるのはこのためです。

アンネルベッドとシモンズマットレスの共通点についてもまとめました。

アンネルベッドとシモンズの共通点①:取り扱いマットレスが多い

アンネルベッドとシモンズは、どちらも取り扱いマットレスが多種類あります。

アンネルベッドのレイズテックという人気ブランドでは、20種類ものマットレスが公式サイトで紹介されています。

一方シモンズも、15種類のマットレスを揃えているため種類は豊富です。

それぞれコイルの配列、線形、インチなどがそれぞれ異なるため、同じマットレスブランドでも寝心地が異なりますよ!

アンネルベッドとシモンズの共通点②:日本製の最高級マットレス

アンネルベッドもシモンズベッドもどちらも日本で製造している最高級マットレスです。

意外と知られていませんが、シモンズは、アメリカのシモンズとライセンス契約を結び、日本で製造されています!

アメリカと日本のマットレスでは、規格が異なっており、JIS規格に準拠する必要があるためです。

一方、アンネルベッドは生まれも育ちも広島の純国産のマットレスです。

手作業での縫製のため販売台数は多くありませんが、日本の職人の手仕事で支えられています。

アンネルベッドとシモンズの共通点③:耐久性が高い

アンネルベッドもシモンズも非常に耐久性が高いマットレスです。

どちらも、マットレスの耐久年数は8~10年前後です。

耐久性が高い理由は、マットレスに使われているコイルの品質が良いということや、通気性に配慮して作られているためコイルが錆びないためです。

マットレスローテーションを定期的に行うと、さらにマットレス寿命が長くなりますので、お手入れに取り入れるといいですよ!

迷ったらこっち!私がアンネルベッドをおすすめする理由!

  • 最高級のピアノ線コイルだから
  • コスパが良い
  • 実際に使用していて最高の寝心地だから

私は、実際にアンネルベッドを使用していますが、寝心地に非常に満足しています!

以前は、シモンズマットレスのゴールデンバリューを使用していましたが、シモンズマットレスより包み込まれるようなフィット感を感じますし、何より価格も安いです!

ピアノ線のコイルは、体重や体格が異なるパートナーと一緒に使用していても、それぞれの身体の曲線に合わせて支えることができます。

体圧分散力に非常に優れているため、パートナーが夜中にベッドから出たり入ったりしても気づかずに眠れるようになりました!

私が、実際にアンネルベッドを使用している口コミは下記リンクにまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

>アンネルベッドの私の口コミ記事はこちら!

アンネルベッドとシモンズマットレスの比較についてまとめ

  • アンネルベッドはピアノ線、シモンズは超硬鋼線のポケットコイルマットレス
  • アンネルベッドは、衛生マットレス
  • シモンズマットレスは、店舗やショールームが豊富
  • アンネルベッドもシモンズも、マットレスの種類が豊富
  • アンネルベッドの方が、シモンズより価格が安い

以上、アンネルベッドとシモンズマットレスの比較についてまとめました!

アンネルベッドもシモンズマットレスもどちらも最高級のポケットコイルマットレスで、種類も豊富です!

ご自身の身体や適切な硬さのマットレスを見つけて、快適な睡眠を手に入れてくださいね!

尚、シモンズマットレスとNELLマットレスについて検討されている方は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね!

>NELL(ネル)マットレスとシモンズの違いを5項目で徹底比較!どっちがいい?

この記事を書いた人
のっち

30代ママ【睡眠健康大学在学中の睡眠のスペシャリスト】
保有資格:薬剤師
     睡眠検定
     睡眠健康指導士
睡眠に関する役立つ情報をどんどん発信していきます

のっちをフォローする
マットレス
のっちをフォローする
minseek[ミンシーク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました