NELLマットレスを直置きで使用する3つの方法!カビ対策はこれでOK

マットレス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

NELLマットレスを使用したいけれど、小さな子供がいたり引っ越しが多い方で、ベッドフレームを使用することを躊躇ってしまう方もいるのではないでしょうか?

カビ対策をしながら、NELLマットレスを直置きして使用する方法についてまとめました。

NELLマットレスは直置きで使用できる?

NELLマットレス公式サイトでは、NELLマットレスを置くベッドフレームは「スノコベッドで床から7cm以上の高さのもの」となっています。

しかし、NELLマットレスの公式HPの口コミでは実際に、直置きして使用している方や下に低いスノコのみを敷いてほぼ直置きで使用している方が見受けられます。

見て頂ければお分かりいただいた通り実際に、NELLマットレスを直置きして使用したり、工夫してほぼ直置きの高さで使用している方もいることがお分かり頂けたと思います。

また、NELLマットレスの公式Twitterでは、直置きで使用できないかと悩むツイッタラーに、直置きすることは推奨しないとしながらも「週1-2回立てかけて」というアドバイスをしていました。

NELLマットレスは通気性が高いポケットコイルマットレスということもあり、調べたところNELLマットレスを直置きしてカビが生えたという口コミは見当たりませんでした。

とはいえ、NELLマットレスを直置きして使うメリット・デメリットを知ったうえで、今一度NELLマットレスを直置きして使用するか考えてみましょう。

そして直置きする場合カビが生えにくくするにはどうしたらいいのかについても触れていきます。

NELLマットレス直置き口コミ
/公式サイトでもっとチェックする\

NELLマットレスを直置きするメリット・デメリット

NELLマットレスを直置きするメリット・デメリットについてまとめました。

マットレスを直置きすることには、メリットが多数あることもわかりました。

NELLマットレスを直置きするデメリット

  • 汗や熱がこもる可能性がある
  • カビが生える可能性がある
  • ホコリが舞いやすい
  • 清潔に保つにはお手入れが必要

デメリットで最も気になるのは、カビが生える可能性があるという衛生面の問題です。直置きする場合はカビが生えないように工夫をしていくことが必要だということがわかりました。

カビが生えないようにする工夫については下に書いていますので、気になる方は読み進めて下さいね♪

NELLマットレスを直置きするメリット

  • 小さい子供がいる場合は、ベッドからの落下の心配がない
  • ベッドフレームを新規購入・組み立てする必要がない
  • 部屋の空間を広く使うことができる
  • 引っ越しが頻繁にある家ではフレームを持ち運ぶ作業が不要
  • 布団を床に置いて寝るより床づき感がなく快適

NELLマットレスを床置きするデメリットはあるものの、小さいお子さんがいる場合や転勤があるお家ではベッドフレームを使用する事に不便があるのも事実です。

マットレスを直置きすることで、布団に比べて寝心地がいい上に、ベッドならではのデメリットを解決できるということもわかりました。

評判通り?NELLマットレス愛用者の口コミや5つの特長を徹底解説!

NELLマットレスを快適に直置きする方法3選

NELLマットレスを直に床に置く直置きはすすめられないのですが、工夫をこらした「ほぼ直置き」で衛生面に配慮してお使いいただける工夫があります。

【NELLマットレスを快適に直置きする方法】

  1. NELLマットレスの下に「すのこ」を使用する
  2. NELLマットレスの下に「畳」を敷き、「吸湿マット」を使用
  3. NELLマットレスをこまめに立てかける

NELLマットレスを直置きする方法①すのこを使用

まず、おすすめはNELLマットレスをそのまま床に直置きするのではなく、ワンクッション「すのこ」をはさむという方法です。

すのこベッドと聞くと高さがあるイメージがありますが、実は直置き用のすのこベッドがあります。

ロール式すのこベッドと呼ばれるもので、くるくるとまるめて収納することができるものです。たったひと工夫ですが、これなら、掃除や移動の時にも邪魔にならないですし通気性を得ながら、直置きで寝ているのとほぼ同じ高さを実現できます。


NELLマットレスを直置きする方法②畳&吸湿マットを使用

この方法は私が実際にマットレスを直置きする際に1年間試したのですが、幸いカビなかった手法です。使用したのはNELLマットレスではありませんが、マットレスの厚さは20cm超えており、さらにNELLマットレスのように一般的に通気性が良いとされているポケットコイルマットレスではなく、ウレタンマットレスだったのでかなり通気性は悪かったと思います。

マットレスを直置きするに至った理由は、家に赤ちゃんがおり夜泣きがひどかったため、旦那と寝室をわけるためでした。畳は、ニトリの安いユニット畳とオーダーメード畳を組み合わせて敷き、それだけでは通気性が悪いかなと思い洗える吸湿マット(除湿シート)を使用しました。

育児にかまけて、丁寧なお手入れはしてなかったのですが、無事にカビませんでした。畳は今は子供の遊び場としてそのままステイしています。

しようしたものはこちらです。
>ニトリのユニット畳 

>オーダーメイド畳

NELLマットレスを直置きする方法③こまめにお手入れ

NELLマットレスを直置きする方法として、NELLマットレスの公式Twitterでも紹介されていた、こまめに立てかけて湿気や熱がベッドの接地面にこもらないようにするというのは有効です。

ただNELLマットレスはシングルでも19kgありますので、立てかける際は複数人で行う事をおすすめします。

まとめ

  • NELLマットレスは基本的には直置きは推奨されていない
  • NELLマットレスを直置きする際は、こまめに立てかけるなどのお手入れが有効
  • NELLマットレスを直置きした際のカビ対策として、折りたたみ可能なすのこベッドや吸湿シートを併用するのがおすすめ

NELLマットレスは120日間の無料保証がついています。もし、保証期間にカビてしまっても返金可能です。心配な方は、まずはトライアルで使用されることをおすすめします。

NELLマットレスの公式HPはこちら
/120日間無料保証実施中\

この記事を書いた人
のっち

30代ママ【睡眠健康大学在学中の睡眠のスペシャリスト】
保有資格:薬剤師
     睡眠検定
     睡眠健康指導士
睡眠に関する役立つ情報をどんどん発信していきます

のっちをフォローする
マットレス
のっちをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
minseek[ミンシーク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました