NELLマットレスのシーツおすすめ3選!ずれない方法・お手入れ情報も

マットレス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

NELLマットレスはカバーの取り外しができない仕様になっています。NELLマットレス自体に、防ダニ・抗菌・消臭機能が施されていますが、長く快適にNELLマットレスを使用していくためには、カバー(シーツ)を使用する事をおすすめします。

シーツ・カバーのお悩みやお手入れ方法についても触れています。この記事を読んで、NELLマットレスに合うカバー(シーツ・ベッドパッド)を見つけてみてくださいね。

>NELLマットレスに合うベッドフレーム

NELLマットレスに合うシーツ(カバー)を選ぶポイント

NELLマットレスはマットレスのサイズは以下の通りです。

  • シングルサイズ  95×195×21(cm)
  • セミダブル 120×195×21(cm)
  • ダブル 140×195×21(cm)
  • クイーン 160×195×21(cm)
  • キング 190×195×21(cm)

横幅と高さは一般的に規定されているサイズになっていますので、購入時に特別注意する必要はないのですが、厚さが21cmとなっています。

マットレスの厚さは薄いものでは数cmのものから厚いものでは30cmを超えるものまで様々です。カバーや敷パッド・ベッドパッドを選んでしまうと、マットレスに敷いた後に「ずれてしまう」「小さくて少し足りない」という問題が起きてしまうので注意が必要です。

ずれないシーツを選ぶポイントはシンデレラフィットのゴムの長さのものを見つけることです。(これが意外と面倒ですが、ここで苦労しておけば後々快適に過ごせます。

また、もう一点気を付けておきたいのが、NELLマットレス自体コイルインチ1.2mmというとても細い線形のコイルを1173個(シングルサイズ)も使用した非常に質のいいマットレスです。

高級ブランドに負けない(実際にシモンズと比較した記事はこちら)寝心地のマットレスに、分厚い敷パッド・ベッドパッドを敷いてしまってはせっかくの繊細な寝心地がもったいないことに。

抗菌・防臭・吸湿性など機能性にはこだわりつつも、NELLマットレスの寝心地を最大限に生かせるシーツを見つけましょう。

NELLマットレス用敷パッド「シーツ不要でコスパ最強はこれ」

まず、おすすめしたいのが中綿にTEIJINマイティトップⅡを採用していながら、ピーチスキン加工をほどこしており、ボックスシーツ不要を実現している敷パッドです。

通常、敷パッド+ボックスシーツで使用するのが一般的ですが、そうすると洗い替えにそれぞれ2枚ずつ購入するなどコスパが悪くなってしまいがち。しかし、こちらの敷パッドならその悩みを解消してくれます。

中綿は少し多めになっていますが、高反発マットレスであるNELLマットレスとの相性は抜群、また年中使用できる素材です。

【おすすめポイント】

  1. 洗濯ができる
  2. 高機能中綿(TEIJIN)が採用されている
  3. 抗菌・防臭機能付き
  4. 防ダニ機能付き
  5. 全てのマットレスに合うサイズ展開がある
  6. ピーチスキン加工のため、ボックスシーツが不要でコスパがいい
  7. 四隅にゴムがついていてずれない

NELLマットレスに合う敷パッドをCHECK

NELLマットレス用ボックスシーツ①「カラバリ豊富で日本製」

次におすすめしたいのが寝室のインテリアデザインにもこだわっている方必見のボックスシーツです。こちらは14色のカラーバリエーションで、アースカラーを中心とした大人の落ち着いた色味でとてもおしゃれです。また、お好きなカラーが見つかれば、枕や布団カバーも色を合わせることができるというところもおすすめポイントです。

日本製で綿100%の素材のため、吸湿性が良く夏でもさらっとした寝心地を実現してくれます。

【おすすめポイント】

  1. 洗濯できる
  2. カラーバリエーションが豊富
  3. 縫製や裁断まで全て安心の日本製
  4. サイズ展開が豊富
  5. 枕や布団カバーの販売もあるので揃えることができる
  6. NELLマットレスの厚さにジャストフィットでずれない
  7. ベッドパッドもセットで併せて購入可能

NELLマットレスに合うボックスシーツをCHECK

NELLマットレス用ボックスシーツ②「高級感とダニ透過0が魅力」

少しお値段はお高めになりますが、ホテルのような高級感のあるシーツ・カバーがいいという方におすすめしたいのがこちらです。

もちろん日本製で、良質な綿素材を使用しているのですが、特筆すべきはダニ透過0を保証しているデータがあるところです。薬剤を使うことなく高密度な織りだからこそできる防ダニ効果。小さなお子さんがいるご家庭には特におすすめです。

【おすすめポイント】

  1. 洗濯可能
  2. 防ダニ用の薬剤を使用していない
  3. 縫製や裁断まで全て安心の日本製
  4. ダニ透過0の実証データがある
  5. 枕や布団カバーの販売もあるので揃えることができる
  6. サイズ展開が豊富
  7. リバーシブル仕様

ダニ0のボックスシーツをCHECK

NELLマットレスシーツのお手入れ方法は?

マットレス用のシーツやベッドパッドの中には、洗濯できない素材のものや手洗いのみのものもあります。ここでご紹介したものは洗濯機にいれることは可能ですが、コインランドリーでの高温での乾燥はおすすめしません。コインランドリーの乾燥機の温度は80℃を超えるガス乾燥のため、生地が傷んでしまったり、縮んでしまう原因になります。

カバーやシーツが縮んでしまうと、せっかくずれないサイズで購入したのにズレるようになってしまい快適性が損なわれてしまうので気を付けましょう。

評判通り?NELLマットレス愛用者の口コミや5つの特長を徹底解説!

まとめ

NELLマットレスにおすすめのベッドシーツ(カバー)・敷パッドを紹介しました。

選ぶポイントは、

・マットレスの厚さ20cmを考慮したゴムの長さのものを選ぶ(ずれない)
・厚さが厚すぎるものはNELLマットレスの寝心地を損ねないものにする

お手入れのポイントは、

・コインランドリーの乾燥機を使用しない

ということでした。

NELLマットレスの公式HPはこちら
/120日間無料保証実施中\

この記事を書いた人
のっち

30代ママ【睡眠健康大学在学中の睡眠のスペシャリスト】
保有資格:薬剤師
     睡眠検定
     睡眠健康指導士
睡眠に関する役立つ情報をどんどん発信していきます

のっちをフォローする
マットレス
のっちをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
minseek[ミンシーク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました